現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オコン「来季のシートを失っても、F1以外のレースに出場するつもりはない」インディカーなどへの転向否定

ここから本文です
スポーツ 2018.11.9

オコン「来季のシートを失っても、F1以外のレースに出場するつもりはない」インディカーなどへの転向否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レーシングポイント・フォースインディアのエステバン・オコンは、もし来シーズンのF1シートを手に入れることができなかったとしても、F1以外のカテゴリーでレースをするつもりはないと語った。

 オコンが来年もF1に残るための唯一の希望は、ウイリアムズのシートを得ることだ。だがウイリアムズは、すでに契約を締結したジョージ・ラッセルのチームメイトに、財政的なパッケージを持ち込めるドライバーを起用しようとしている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 しかしオコンは、もしウイリアムズのシートを獲得することができなかったとしても、他のカテゴリーではレースをしないと決めたことを明かした。

 彼は、インディカーに参戦するシュミット・ピーターソン・モータースポーツやデイル・コイン・レーシングなどで優先順位の高い候補だったとみられている。またフォーミュラEへ参戦する可能性もあったようだ。

 他のカテゴリーから関心を持たれていたことについて、オコンは次のように話した。

「(F1とは)異なる多くの場所でレースをする可能性について話をしたが、詳細な話し合いをするつもりはない。僕らはそれ(F1以外のカテゴリーでのレース)をしないと決めている」

 もし来年F1に参戦できない場合は、チームをより理解し、できる限り多くテストをこなして自分のスキルを保つためにも、メルセデスチームにとどまることが最善策だとオコンは考えている。

「もし来年レースができなければ、僕はメルセデスの近くに留まり、そこからできる限り多くのものを学ぶことを選択するだろう」

「可能であれば、あちこちでテストをして、チームと密接に作業をすることになる。これが、この体型を保ち、F1の近くに留まるために僕にできる唯一のことだ」

「以前やったことをもう一度行っても、経験を得られるとは思っていない」

「例えば、F1のシートを待つためにDTM(ドイツツーリングカー選手権)で走っていたことがある。昔はたくさんのことを学んだけれど、F1での経験を持っている今、同じように物事が進むとは考えていない。どこか他のカテゴリーでレースをすることは計画していない」

 また彼は、ウイリアムズの決定に影響を与える手助けをするものはなく、計画の発表を待っている状況だという。

「僕がわかっているのは、僕にはどうしようもできないということだ」

「僕のマネージメントが運命を握っているわけでもない。基本的にはウイリアムズの決定によるものだ。物事がどう展開していくのか、そのうちわかるだろう」

「現時点ではあと2レースある。僕はそれに集中して、その後で何が起きるのか見てみよう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します