現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アプリリアがRSV4 1100ファクトリーをEICMA2018で公開。最高出力は217馬力

ここから本文です
スポーツ 2018.11.8

アプリリアがRSV4 1100ファクトリーをEICMA2018で公開。最高出力は217馬力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリリアが現在イタリアのミラノで開催中のミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で、1100ccのスーパースポーツ、RSV4 1100 Factory(RSV4 1100ファクトリー)を公開中だ。

 RSV4 1100ファクトリーは1078ccのV4エンジンを搭載するスポーツバイク。このエンジンはスポーツネイキッドのTuono V4の経験をフィードバックしたものだという。RSV4 1100ファクトリーは81mmの新しいピストンを採用。ストロークに関しては52.3mmと、RSV4 RRと同様だ。

    カワサキ、50年続く伝統の『W』シリーズ最新モデル2車を先行公開。ニンジャH2 SXには追加モデル

 EUCはマニエッティ・マレリのものを搭載し、リミッターは13600rpmに設定されている。その最高出力は217馬力/13200rpm、最大トルクは1000ccエンジンのそれと比較して全体的に10%向上し、11000回転で122Nmを発生する。

 また、RSV4 1100ファクトリーは実際のレーシングバイクのようにサスペンションやフレーム内のエンジン位置、スイングアームのピボット、リヤの高さなどをライダーが調整することができるという。

 サスペンションはオーリンズ製。TTXショックアブソーバーとステアリングダンパーは調整可能だ。スイングアームには若干の変更が加えられ、正確なコーナリングを実現する。

 アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール(APRC)は第4世代のものを搭載。8つのセッティングが可能なアプリリア・トラクション・コントロール(ATC)、3段階の調整が可能なアプリリア・ウイリー・コントロール(AWC)、さらにクラッチ操作なしにシフトチェンジを可能にするアプリリア・クイック・シフト(AQS)などがRSV4 1100ファクトリーに標準装備されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します