現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カワサキ、50年続く伝統の『W』シリーズ最新モデル2車を先行公開。ニンジャH2 SXには追加モデル

ここから本文です
スポーツ 2018.11.8

カワサキ、50年続く伝統の『W』シリーズ最新モデル2車を先行公開。ニンジャH2 SXには追加モデル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カワサキはイタリア・ミラノで開催されているミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA 2018)で50年続く『W』ブランドの伝統を受け継いだ大型二輪の『W800 STREET』『W800 CAFE』を発表した。

 1966年にカワサキブランド初の大排気量モデルとして発表されたW1 650。その系譜を受け継いだ最新モデルが、今回発表された2モデルだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 両モデルとも従来モデルから「90%を刷新した」という773ccの直列2気筒空冷4ストロークエンジンを搭載。シャシーについても共通となっており、LEDライトやABS、リヤのディスクブレーキがシリーズで初搭載された。

 EICMA 2018での発表は最小限に留められており、カワサキは各モデル詳細は2019年初頭にもアナウンスするとしているが、2モデル最大の違いはそのルックスだ。

 W800 STREETはスタンダードなアップライトスタイルのハンドルバーを装備している一方、W800 CAFEはレーシーなローポジションスタイルのハンドルを採用。同じくレーシーなイメージを演出するフロントカウルも備えられている。

 またカワサキは、発売中のハイパフォーマンススポーツツアラー『Ninja H2 SX』シリーズのバリエーションモデル『Ninja H2 SX SE+』も発表。こちらはショーワと共同開発した電子制御サスペンションや新たなライディングモード、スマートフォンとのコネクト機能などが追加され、走りと快適性を追求した1台になっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します