現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヤマハ、YZF-R1の20周年記念限定モデル『YZF-R1 GYTR』をミラノショーで公開

ここから本文です
スポーツ 2018.11.7

ヤマハ、YZF-R1の20周年記念限定モデル『YZF-R1 GYTR』をミラノショーで公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハヨーロッパは11月6日、イタリア・ミラノで開催されるミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で、ヤマハYZF-R1の20周年を記念したサーキット専用モデル『YZF-R1 GYTR』を公開。その他、新型リーニング・マルチ・ホイール(LMW)のプロトモデル『3CT』などを出展すると発表した。

 1998年に初代モデルが登場してから2018年で20周年を迎えたヤマハのスーパースポーツフラッグシップモデル、YZF-R1。鈴鹿8時間耐久ロードレースや全日本ロードレース選手権JSB1000の最終戦では、20周年を記念した白・赤の特別カラーをまとったYZF-R1で出場。鈴鹿8耐では4連覇を果たす活躍を見せた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 そんなYZF-R1の20周年を記念した限定モデル『YZF-R1 GYTR』がミラノショーに登場。『YZF-R1 GYTR』は、海外でヤマハのアフターパーツを扱うGYTR(ジェニュイン・ヤマハ・テクノロジー・レーシング)のECUやクイックスロットルなどを標準装備するサーキット専用モデルとなっている。
 フロント、リヤにはオーリンズ製サスペンションを装備。エキゾーストはフルチタンのアクラポビッチ製となっている。その他、クランクケース用のプロテクターも標準で備わっている。

 ヤマハヨーロッパは『YZF-R1 GYTR』を20台限定で発売予定。12月中旬から欧州で予約を開始する。なおミラノショーで展示される『YZF-R1 GYTR』はプロトタイプとのことで最終仕様は後日公開されるとのことだ。

『YZF-R1 GYTR』に加え、フロント2輪が特徴のLMW機構を搭載したスポーツコミューターのプロトモデル『3CT』をミラノショーに出展。『3CT』は旋回時の優れた安定感をはじめとするLMWの特長と、300ccエンジンの組み合わせで、スポーティかつ快適な平日のコミューティング、週末のファンライディングを提案するとしている。

 その他、689cc並列2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーモデル『テネレ700』やサイドケースやヒートグリップなどの各種装備を搭載し、長距離走行の快適性をより高めた『NIKEN GT(ナイケンGT)』などもミラノショーで出展している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します