現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダが新たなネオ・スポーツ・カフェ、CB650RをEICMAにてワールドプレミアでアンベイル

ここから本文です
スポーツ 2018.11.6

ホンダが新たなネオ・スポーツ・カフェ、CB650RをEICMAにてワールドプレミアでアンベイル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月6日、ホンダはミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)一般公開に先駆け、新モデルのCB650R、そしてCB500F、CB500Xを世界初公開した。

 新モデルとして公開されたホンダCB650Rはネオ・スポーツ・カフェとして登場したCB1000Rのミドルクラスの位置づけとなるモデル。直列4気筒エンジンを搭載するほか、ホンダセレクタブルコントロールとアシストスリッパークラッチが採用されている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 一方、CB500F、CB500Xは直列2気筒エンジンを搭載。日常でよく使われる3000回転から7000回転で力強いトルクを発揮するエンジン特性になっているという。新タイプのリヤサスペンションとアシストスリッパークラッチ、フルLEDの灯火器や新型デュアルマフラーが採用されている。

 ロードスターモデルのホンダCB500Fはフロントからリヤまでシャープなデザイン。一方アドベンチャーモデルのホンダCB500Xは、フロントに19インチタイヤを履き、前後サスペンションのストローク量を伸長した。

 なお、日本国内ではCB500Xは400Xとして販売予定となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します