現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1技術解説:複雑さを増す最新ステアリングスイッチの役割を解説

ここから本文です
スポーツ 2018.11.6

F1技術解説:複雑さを増す最新ステアリングスイッチの役割を解説

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1の開発はとどまるところをしらず、毎グランプリ、新しいパーツが導入されている。F1iのテクニカルエキスパート、ニコラス・カーペンティアーズが近年複雑さを増すF1マシンのステアリングのスイッチについて解説する。

――――――――――

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 F1マシンのステアリングは、今やますます複雑さを増している。レッドブルの場合も、例外ではない。マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドが具体的に何をどう操作しているのか、ステアリングの表裏をじっくり説明しよう。

1ーDIFF:デフ調整ダイヤル
2ーN:ニュートラルボタン
3ー-10/+1:8のタイヤ調整ダイヤルで指定したパラメーター(設定)を10段階で調節する
4ーRADIO:無線ボタン
5ーBBAL:ブレーキバランスダイヤル。7のBB-、BB+ボタンでも調節可能。
6ーDRINK:ドリンクボタン
8ーTYRE:タイヤの状態に合わせて、マシンセッティングを変更する。
9ーCHARGE:回生エネルギー量調節ダイヤル。左方向のFILLがチャージ、右方向のDRAINが放出。
10ーFUEL:空燃比の調節ダイヤル
11ーDISPLAY:ディスプレイ切り替えダイヤル。“FORM”, “FUEL”, “TYRES”, “BRAKES”, “TYRES”, “SAFE”, “IN LAP”と、局面に応じて表示メニューを切り替える。
12ーMODE:エンジンマッピング変更ダイヤル
13ーREV:一瞬だけパワーを上げるブースターボタンと思われる。
14ーMID:コーナリング中のデフ調整ダイヤル
15ーFAIL:全システムをフェイルセーフモードにするボタン
16ーPIT:ピットボタン。これを押して、速度超過を防ぐ。
17ーPC(pit Confirm):ピットインの指示に対し、無線交信せずに了解を示すボタン
18ーTORQ:トルク調整ダイヤル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します