現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 現KTMファクトリーライダーのスミス、2019年はMotoEへ。One Energy Racingからエントリー

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

現KTMファクトリーライダーのスミス、2019年はMotoEへ。One Energy Racingからエントリー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月5日、One Energy Racingが電動バイクレースシリーズ『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)参戦ライダーとして、ブラッドリー・スミスを起用することを発表した。

 MotoEは2019年からドルナスポーツが新たにスタートさせる、電動バイクによるチャンピオンシップ。マシンはイタリアの電動バイクメーカー、Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)の『Energica Ego Carsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』のワンメイクで、タイヤサプライヤーはミシュランが担う。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 開催初年度となる2019年シーズンはMotoGPのヨーロッパラウンドとの併催で全5戦が予定されており、12チーム18名のライダーがエントリー予定。これまでに、ニコラス・テロルやチャビエル・シメオンなどが参戦を明らかにしている。

 One Energy Racingは、PETRONAS Sprinta RacingとしてMoto2、Moto3に参戦中のSepang Racing Teamがサポートするチーム。監督は元ロードレース世界選手権ライダーのヨハン・スティジフェルトが務める。

 One Energy Racingが新しい電動バイクのチャンピオンシップ、MotoE参戦に起用するのは、2018年シーズン、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングからMotoGPクラスに参戦中のスミスだ。

 イギリス人ライダーのスミスは今季でMotoGPクラス参戦6年目。2017年に引き続き、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングから参戦している。過去には2015年、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームから鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦し、優勝に貢献した実績を持つ。

 しかし来季に関しては、すでにアプリリアのテストライダーとなることが発表ずみだ。今回の発表とあわせ、スミスはアプリリアのテストライダーとMotoE参戦を兼任すると見られる。

 スミスは「モーターサイクルにおいて、これはまったく新しい世界だ。MotoEに参戦できることにとても興奮しているよ。エレクトリック・エネルギーを常に学ぶという大きな仕事があるし新しいテクノロジーになじまなければいけないけれど、このチャレンジに向かっていく準備はできている」と新たな挑戦に意欲的だ。

 MotoEの最初のテストは11月23~25日に迫っていることから、今後もライダー参戦の発表が相次ぐことが予想される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します