現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アクロニスがディルマン、ターベイ擁するNIOフォーミュラEの公式パートナーに就任

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

アクロニスがディルマン、ターベイ擁するNIOフォーミュラEの公式パートナーに就任

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバープロテクション大手のアクロニスは11月5日、ABBフォーミュラE選手権に参戦するNIOフォーミュラEチームと複数年に渡る公式パートナー契約を締結したと発表した。

 スイスとシンガポールに拠点を置くアクロニスは、バックアップソフトウェアやデータ保護ソリューションなどを開発・販売しているグローバル企業だ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 サイバープロテクションとハイブリッドクラウドソリューションの世界的リーダーとして知られる同社とモータースポーツの結びつきは深く、F1ではフォース・インディアの公式パートナーに。また、ウイリアムズとは戦略的技術提携を結びチームのデータを保護するためのテクノロジーを提供。

 さらに、同社はモータースポーツのテクノロジーにスポットを当てたポータルサイト『アクロニス・モータースポーツ・ポータル(https://motorsport.acronis.com/)』を2018年2月に開設している。

 そんなアクロニスとNIOフォーミュラEの間で交わされた契約は、2018年12月15日にサウジアラビアで開幕するフォーミュラE“シーズン5”から複数シーズンに渡ってバックアップやディザスタリカバリ、ファイルの同期と共有のソリューションといった同社のサイバープロテクション製品群をNIOフォーミュラEチームに提供するもの。この他、アクロニスではAIを活用することでチームの予測分析能力を強化させ、NIOフォーミュラEチームがより積極的にレースに臨めるようサポートしていくという。

「アクロニスの技術は、モータースポーツチームの多忙なライフスタイルに最適です。サイバープロテクションの5つのベクトルである安全性、アクセシビリティ、プライバシー、信頼性、セキュリティのすべてをカバーし、レース中でもファクトリーでもデータ管理において比類ない柔軟性を発揮します」と語るのはアクロニスのジョン・ザニ社長。

「我々はモータースポーツ界でもっとも革新的なチームのひとつと提携できることを誇りに思うとともに、これらから素晴らしいパートナーシップを築き上げていくことを楽しみにしています」

 また、NIOフォーミュラEのジェリー・ヒューズ代表も「サイバーセキュリティとディザスタリカバリソフトウェアの世界的リーダーであるアクロニスを我がチームのパートナーとして迎えられたことを光栄に思います」と提携を喜ぶコメントを発表。

「我々は今、市街地レースという熾烈な世界にデータの予測分析能力という新しいメカニズムを取り入れたところで、アクロニスとの提携はより広範なNIOの事業にまで及んでいます。アクロニスはまさに、真のグローバルパートナーであり、この度の提携を誇りに思います」と語った。

 日本のファンの間でも知名度のあるトム・ディルマン、オリバー・ターベイというふたりのドライバーを擁するNIOフォーミュラEチームが新たなパートナーを得てシーズン5を飛躍の年とするのか、まずは12月15日に行われる2018/19年シーズン開幕戦ディルイーヤE-Prixに注目してみよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します