現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ドヴィツィオーゾ、苦戦の6位。ランキング2位確定も不振の理由は説明できず|MotoGPマレーシアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

ドヴィツィオーゾ、苦戦の6位。ランキング2位確定も不振の理由は説明できず|MotoGPマレーシアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マレーシアGPを6位で終えたドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、今回のレースが”本当にひどい”ものになってしまった理由を完全には特定できていないと認めた。


 ドヴィツィオーゾは2週間前の日本GPでは転倒リタイアを喫したものの、夏休み明けのチェコGPから安定して表彰台フィニッシュをしてきた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 マレーシアGPでも、ドヴィツィオーゾはFP1でトップタイムを記録。ウエットコンディションで行われた予選でこそ5番手に甘んじたものの、優勝を争うだけの競争力を持っているように見えた。


 ところがレースでは4番手まで浮上するのが精一杯。その後は7番手までポジションを落とし、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が転倒したことにより6位でレースを終えた。

 レース後、ドヴィツィオーゾはパフォーマンス不足の明確な理由が分かっておらず、ドゥカティは何が間違っていたのか、正確に把握するべきだとメディアに語った。

「プラクティスとの差はあまりにも大きかった」

「間違っているかもしれないので、あまりはっきりしたことは言いたくない。僕は分からないんだ」

「レース序盤からブレーキに苦しんだし、コーナーでスピードを維持できなかった。だから乗り方を変える必要があったんだ。奇妙だった」

「(フリー走行では)ユーズドタイヤで2分0秒台前半を記録できていたのに、レースでは2分1秒5を出すのも難しかった」

「陽射しがあったから、日曜日はそれまでよりも少し暑いコンディションになったけど、(問題の原因は)分からない。フリー走行の時との差は、他のどのライダーよりも大きかった。本当に良くないレースだったのは確かだ」

 フロントタイヤに欠陥があった可能性について訊かれると、ドヴィツィオーゾは次のように答えた。

「そう思いたいけど、そうじゃない時もある。今後の取り組み方に大きな影響を及ぼすから、問題を理解しなければならない」

 なお、ポイントランキング3位につけていたロッシがノーポイントに終わったことで、今回のレースでドヴィツィオーゾがランキング2位の座を確定させた。

 これについて彼は「本当に嬉しい。バレンティーノのスピードは信じられないほど速かったけど、彼はミスをしてしまった」と話した。

「今季はノーポイントのレースが多すぎた。でもスピードを改善し、チェコGPからこれまで多くのポイントを稼ぐことができた。僕たちの今シーズンの取り組みにはとても満足している」

「現時点では、マルク(マルケス/レプソル・ホンダ)の方が僕たちよりも少し速い。だから僕たちは今シーズンやったような取り組みを続け、来年に向けてもっと準備を整えなければならない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します