現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、グロージャン失格確定で落胆も、ランキング4位を最後まで目指す

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

ハースF1、グロージャン失格確定で落胆も、ランキング4位を最後まで目指す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーは、中団での戦いを制し、コンストラクターズ選手権4位の座をつかむため、残り2戦を集中して戦っていくと語った。ハースはイタリアGPでのロマン・グロージャンの失格について控訴していたが、この裁定は覆らなかった。

 イタリアGP決勝をグロージャンは6位で終えたが、その後、ハースVF-18のフロアに規定違反があると判断され、失格となった。それに不満を持ったハースは控訴し、11月1日にFIA国際控訴裁判所において審問が行われたものの、翌日、グロージャンの失格を維持するとの判決が発表された。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 シュタイナーはこれに失望を示しながらも、シーズン最後まで戦うと語った。残り2戦の時点で、ライバルのルノーは114点で4位、ハースは84点の5位で、その差は30点に拡大している。一方、6位マクラーレンは62点、7位フォース・インディアは47点でハースを追っている。

「当然のことながら、控訴で勝つことができず、落胆している」とシュタイナー。

「しかし我々は前に進み、残り2戦もコース上で戦い続け、ポイントを獲得し、ここまでのF1キャリアでベストのシーズンをいい形で締めくくることに頭を切り替えていく」

「中団争いはかなり熾烈で、極めて興味深い戦いになっている。その戦いを制することを常に目指しているが、状況は常に変わり続ける。そのため、すべてのプラクティス、予選、レースで、ライバルたちとの位置関係を注視しながら、集中して戦っていく必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します