現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン・セナのレーシングモデル『セナGTR』。テスト走行が11月から開始

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

マクラーレン・セナのレーシングモデル『セナGTR』。テスト走行が11月から開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年3月のジュネーブ国際モーターショーでコンセプトカーとして披露された『マクラーレン・セナGTR』のテクニカル・スペックが決定。11月からテスト走行が開始される。

 マクラーレン・セナは、かつてマクラーレンとともにF1ワールドチャンピオンを3度獲得した伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナの名を冠するハイパーカー。同社の高性能ロードカーシリーズ“アルティメット・シリーズ”の最新モデルだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 そんな“セナ”のサーキット専用モデル『セナGTR』のテクニカル・スペックが決定。テスト走行が11月から行われることとなった。

 マクラーレンGT3プログラムで使用されたシステムを応用したレース用サスペンションを備えたマクラーレン・セナGTR。フェンダーはよりワイドになり、大きく張り出したフロント・スプリッターとリヤ・ディフューザーを装備。アクティブ・リヤウイングは再配置され、1000kgものダウンフォースを発揮する。

 また、ディフューザーとリヤウイングを最適化することにより、空力効率を向上。低速時により多くのダウンフォースを発生させるという。

 インテリアでは、エアバッグや折りたたみ式のドライバー用ディスプレイなど、サーキット走行で不要なものはそぎ落とされ、徹底的な軽量化が図られている。例外としてエアコンと、レーダー式追突回避システムは標準装備される。

 最終的な車両重量は決まっていないものの、ロードカータイプのマクラーレン・セナより軽量になる予定だという。

 セナGTRの心臓部には、V8・4リッターツインターボエンジンを搭載。最高出力はロードカーのセナから25PS向上した825PSを発揮する。

 75台限定生産のマクラーレン・セナGTR、価格は110万ポンド(約1億6200万円)となるが、すでに完売している。デリバリーは2019年9月から開始される予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します