現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プジョー、新型サルーン『508ファーストエディション』のオンライン予約受付を開始

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

プジョー、新型サルーン『508ファーストエディション』のオンライン予約受付を開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月1日
プレスリリース

“革命的フレンチサルーン”プジョー NEW 508本格導入に先立ちファーストエディション発表
11月1日よりオンライン予約受付開始

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:クリストフ・プレヴォ)はプジョーブランドのフラッグシップサルーンNEW 508の日本国内マーケット導入に先立ち、導入記念限定車『NEW 508 ファーストエディション』を全国限定60台にてオンライン予約受付を開始することを発表いたします。本限定車はウェブサイト(https://web.peugeot.co.jp/new508-booking/)でのオンライン予約専用モデルとなります。
 
 NEW 508の日本市場本格導入に先立ち今回発売されるNEW 508 ファーストエディションは最上級グレードGT(2.0リットル・クリーンディーゼル)にフルオプションを装備し、専用の深紅のナッパレザーシートと19インチアロイホイールを装着した60台の限定モデルです。ボディカラーはフレンチトリコロールを彷彿とさせる赤系、白系、青系の三色を設定しています。
 
モデル名:NEW 508 ファーストエディション
ボディ:4ドアファストバック
パワートレイン:2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル
 最高出力 130kW(177ps)/3750rpm
 最大トルク 400Nm/2000rpm
内装:レッドナッパレザー
価格:577万円(税込)

NEW 508 ファーストエディション 安全装備
・第2世代アクティブセーフティブレーキ(PSA初)
 現行アクティブセーフティブレーキのカメラクオリティを向上させ、二輪車および夜間での検知精度をアップ。
 
・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
 従来の高速道路における同一車線内走行を想定した運転支援機能に加え、前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従します。3秒以上経過した場合はワンタッチで設定速度まで回復。渋滞時の加減速にも対応しています。

・レーンポジショニングキープアシスト(プジョー初)
 車線内の一定の位置を保ったまま走行可能。左右の車線の間隔を保持しようとするので、車線内をピンボールのように左右に動くことはありません。ほぼ全速度域でステアリング補正を実施。アクティブクルーズコントロールとともに先進的な運転支援をドライバーに提供します。
 
・レーンキープアシスト
 約65km/h以上の速度で走行中、車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻します。
 
・アクティブブラインドスポットモニターシステム
 走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車輌を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させます。さらに後続車輌の進路に入ろうとした場合は、ステアリングの反力によって車線変更を抑制します。
 
・インテリジェントハイビーム
 ルームミラー部に取付けられたカメラがつねに前方の状況を分析。先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保します。

・トラフィックサインインフォメーション(プジョー初)
 制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることが可能です。
 
・フロント、サイド、バックソナー/ワイドバックアイカメラ
 バックする際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影します。またステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供します。
 
・アクティブボンネット
 万が一の衝突時の歩行者のボンネットへの衝撃を軽減します。
 
・ナイトビジョン(プジョー初)
 前方最大約200mを赤外線カメラが監視し、その映像をインストルメントパネルに投影します。注:赤外線を利用するため外気温が高くなる(約30度以上)になると作動しません。

NEW 508 ファーストエディション 機能装備
・フルLEDヘッドライト
 ハイウェイモード付き。固定式コーナリングランプ。
 
・アダプティブリアライト
 リアコンビランプ自動光度調整機能付き。天候に左右されず被視認性を確保します。
 
・ハンズフリー電動テールゲート
 両手に荷物を抱えていてもリアバンパーの下で足を少し動かせば設置されたセンサーが検知し、テールゲートが自動で開閉します。さまざまなシーンで高い利便性をもたらします。
 
・FOCALプレミアムHiFiシステム 10スピーカー
 フランスのハイエンドオーディオブランド、FOCAL(フォーカル)による10スピーカーシステムを搭載。1979年フランス東部、サンテティエンヌにて他オーディオブランドに高性能スピーカーユニットを供給するOEMメーカーとしてスタートし、現在ではホームオーディオ、ヘッドホンでも高い評価を得ています。
 
・前席8ウェイ電動シート&ヒーター/マルチポイントランバーサポート
 前席ポジションの調整はすべて電動。8つのランバーサポートが空気圧により膨張・収縮し、ロングドライブ時に肩、腰をサポートします。
 
・アクティブサスペンション
 フロントストラット、リヤマルチリンクのサスペンションに電子制御アクティブサスペンションを組み合わせ、路面や走行状態に応じてショックアブソーバーの減衰力をリアルタイムに制御し、優れた乗り心地とハンドリングを両立します。ドライバビリティ重視のスポーツ、乗り心地重視のコンフォート、燃費重視のエコ、ドライバビリティとコンフォートのバランスのノーマルの4つのドライビングモードを選択可能です。
 
・Peugeotミラースクリーン
 Apple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォン接続機能。対応ナビゲーション/マップアプリやオーディオアプリを直感的に使用できます。
 
・カーナビゲーション
 日本仕様のカーナビゲーションとしてタッチスクリーン専用ナビゲーションをETC2.0とともに標準装備しています。
 
NEW 508 ファーストエディション ボディカラー
アルティメット・レッド
パール・ホワイト
ダーク・ブルー

NEW PEUGEOT 508について
 ひと目でそれと分かる流麗なスタイリング、世界最先端のクリーンディーゼル、ドライビングのためのインテリアとインターフェイスの革新たるi-Cockpit、そして数々の先進運転支援機能と安全装備。NEW 508の美点は枚挙にいとまありません。もちろん、プジョーならではのドライビングプレジャーとライドコンフォートもまた更なる高みに達しています。

 特にスタイリングは、NEW 508の唯一無二の価値といえるでしょう。自動車が生まれて130年あまりたち、最大の変革期を迎えている今、サルーン(セダンタイプ)もまた、自ら変化していかねばなりません。プジョーは、フラッグシップサルーン508のモデルチェンジにあたり、明確な狙いを定めてこの新型車輌を開発いたしました。
 
 その狙いはサルーンの徹底的な革新です。504、505、406、407、508とプジョーフラッグシップサルーンの伝統であったトランクリッドを備えた4ドアのスタイルから決別し、目を見張る美しさを湛えたクーペと見まごうばかりのファストバックサルーンへと姿を変えました。その大胆なデザインは2014年に北京モーターショーで衝撃的なデビューを飾ったコンセプトカーEXALT(イグザルト)の流れを組むものであり、路上において鮮烈な印象を残すでしょう。
 
 インテリアに目を移せば、プジョーが推進する自動車のUI/UXの革新、新世代のi-Cockpitがドライバーを迎えます。さらなる完成度とクオリティを誇り、12.3インチヘッドアップインストルメントパネルと、ドライバー向けにセットアップされた8インチタッチスクリーン、トグルスイッチとその下にフェザータッチのスイッチを配しました。彫刻のように立体的な造形とダッシュボードのカーボン調デコレーション、センターコンソールのピアノブラックがあたらしい世代のサルーンのインテリアを形作っています。
 
 パワートレインは最新の環境基準に適合したクリーンディーゼル2.0リットル BlueHDiに電子制御8速オートマチックEAT8を組み合わせ、高効率とドライビングプレジャーを両立。プジョー初のアクティブサスペンション(前述)と相まってプジョーだけがなしえるライドフィールを提供いたします。
 
 そしてNEW 508はプジョーのミュールーズ工場にて生産され、パワートレインなど主要コンポーネンツもフランスで作られた“メイド・イン・フランス”のプロダクトです。軽量、高剛性で高いポテンシャルと汎用性を持ち高評価を得ているグループPSAの中核プラットフォームEMP2をベースにフロントフェンダー、フロントサスペンションのアルミニウム合金化、テールゲート、トランクフロアの強化樹脂採用などで従来モデルに対して大幅な装備アップに関わらず重量はほぼ同等にとどめることに成功いたしました。また最小回転半径も改善され5.5mとなっています。

ボディサイズ
モデル名:NEW 508 ファーストエディション
全長×全幅×全高:4750×1847×1404mm
ホイールベース:2793mm
荷室容量(VDAL):487/1537リットル
※諸元は欧州仕様値です。

NEW 508 ファーストエディション 購入について
 NEW 508 ファーストエディション はウェブサイトでのオンライン予約専用モデルとなります。特設ウェブサイト(https://web.peugeot.co.jp/new508-booking/)からお客様ご自身でオンライン手続きしていただき、その後、最寄りのディーラーにて手続き、後日の納車となります。
 
 ご購入いただいた方にFOCAL製ワイヤレスヘッドフォンLISTEN WIRELESSをプレゼントいたします。なお、NEW 508 ファーストエディション にSW(ステーションワゴン)の設定はありません。NEW 508通常モデルおよびNEW 508 SWの導入に関しては後日の発表・発売となる予定です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します