現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年型『ジャガーXE』に、限定グレード”LANDMARK EDITION”が追加

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

2019年型『ジャガーXE』に、限定グレード”LANDMARK EDITION”が追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 激戦区のDセグメントサルーンに、正統派FRモデルで殴り込みをかけた『ジャガーXE』が2019年モデルに進化。コネクティビティ機能を強化し、スマートフォン連動機能が全グレードに標準装備とされたほか、2019年モデル限定グレードの“LANDMARK EDITION”と新グレード“300 SPORT”の2グレードを追加し、10月25日より受注が開始されている。

 モノコックの75%にアルミニウムを用いた軽量・高剛性ボディに、前後50:50に限りなく近づけた理想的な重量配分を持つなど、ジャガーの新たなスポーティネスを象徴する1台となった『ジャガーXE』に、最新のイヤーモデルが登場した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 この2019年型のハイライトは、自動車を取り巻く利便性と快適装備の進化に合わせて、スマホ連動のコネクティビティ機能となるリモートプレミアム、InControlアプリ、プロテクト、Wi-Fiホットスポットが全グレードに標準搭載された点だろう。

 また、全部で5バリエーションとなるエンジンを用意する『ジャガーXE』のうち、250PSを発生するガソリン直噴ターボのP250と、クリーンディーゼルD180の両エンジン搭載車に、2019年モデル限定グレード“LANDMARK EDITION”が新設定された。

 エクステリアでは、フロントグリルやウィンドウサラウンド、サイドベント、ミラーキャップなど随所にグロスブラックを採用して印象を引き締め、ボディと同色のリアスポイラーや18インチの10スプリットスポークホイールを装着。

 インテリアにはパーフォレイテッドグレインレザーシートやメッシュアルミフィニッシャー、“LANDMARK”のロゴを配した専用サイドベントやトレッドプレートを取り入れるなど、大きく質感が高められた。
 そして、4気筒ガソリン直噴ターボ“INGENIUM(インジニウム)”の最高出力を300PSにまで引き上げた新グレード“300 SPORT”は、そのエクストラパワーに見合う精悍ないで立ちとなり、フロントグリルサラウンドやウィンドウサラウンド、サイドベント&シル、ミラーキャップなどにダークサテングレーを取り入れ、19インチ5スプリットスポークのアルミホイールを採用。

 その隙間からのぞくブレーキキャリパーを始め、グリルやトランクリッドにも“300 SPORT”の専用ロゴが冠されるほか、インストルメントパネル、ドア、アームレスト、エボニーシートに施されたイエロー・コントラスト・ステッチが映えるインテリアでも、ステアリングホイールやトレッドプレート、そしてシートのヘッドレストにはエンボス加工でのロゴが入るなど、スポーティーさを強調した仕上げが施された。

 ボディカラーは、限定の“LANDMARK EDITION”がサントリーニブラック、ユーロンホワイト、フィレンツェレッドの3色展開。“300 SPORT”はその3色にインダスシルバーを加えた4色となり、通常カタロググレード向けを合わせると全12色が用意される。

 価格は2リッター4気筒ターボからV6までが揃うガソリンモデルが466万~854万円、AWDも用意されるディーゼルモデルが534万~660万円。限定グレード"LANDMARK EDITION"は633万~686万円。"300 SPORT"は738万円となっている。
Jaguarウェブサイト:http://www.jaguar.co.jp
ジャガーコール(フリーダイヤル):0120-050-689

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します