現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルシェ911 GT2 RS MR、2018年7月に塗り替えられたニュル北コース量産車最速ラップを再更新

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

ポルシェ911 GT2 RS MR、2018年7月に塗り替えられたニュル北コース量産車最速ラップを再更新

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月25日、ポルシェはドイツ・ニュルブルクリンク北コース“ノルドシュライフェ”で『ポルシェ911 GT2 RS MR』のタイムアタックを実施し、6分40秒3というタイムをマーク。同コースにおける量産車最速ラップタイムを4.67秒更新した。

 今回のアタックでポルシェが持ち込んだのは2017年にデビューし同年9月にノルドシュライフェで当時の量産車最速タイムを記録しているポルシェ911 GT2 RS。これにニュルブルクリンクを知り尽くす名門レーシングチーム、マンタイ・レーシングによる特別なセットアップが施された車両だ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 VLNニュルブルクリンク耐久シリーズやブランパンGTシリーズなどのGT3レースではポルシェ911 GT3 Rを、WEC世界耐久選手権ではポルシェ911 RSRを走らせる同チームの技術者は今回、シャシーやエアロダイナミクスといった領域に手を加え700馬力を誇るポルシェ史上最速のロードカーを強化。

 今年7月に『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』によって塗り替えらたニュルブルクリンク北コースの量産車最速タイム、6分44秒97を上回るレコードラップの樹立をサポートした。

「ドライブはとても楽しいものだったよ」と語るのはアタックを担当したポルシェのテストドライバー、ラース・ケルンだ。

 ノルドシュライフェでのレコードタイムアタックや多数のVLN参戦によりニュルブルクリンクを熟知する31歳のドイツ人は、日没の迫るなかで1度きりのアタックを成功させると「新しいパッケージでもクルマのバランスはとても良い。ベストタイムを出すために大きなリスクをとる必要がなかったよ」と911 GT2 RS MRの印象を語った。

 また、マンタイ・レーシングのニコラス・レーダーCEOは「この結果をとても誇りに思う。すでに世界最速級のスピードを示していたポルシェ911 GT2 RSをさらに速くすることは、我々にとっても大きな挑戦だったからね」とコメントしている。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します