現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バレンティーノ・ロッシ、クラッシュにより久々の勝利を失う……「悲惨な結果だ。僕の今季最高のレースだったのに」|MotoGPマレーシアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.11.5

バレンティーノ・ロッシ、クラッシュにより久々の勝利を失う……「悲惨な結果だ。僕の今季最高のレースだったのに」|MotoGPマレーシアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、マレーシアGPのスタート直後に首位に立ち、レースの大半をリードした。しかし、後方から追い上げたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)のプレッシャーをかけられ始めた後、ターン1で転倒。その後レースに復帰したものの、無得点に終わることとなった。

 もしロッシが勝利すれば、彼にとっては2017年のオランダGP以来、28戦ぶりの勝利となるはずだった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 勝利していないとはいえ、ロッシが無得点で終わるのはこれが今季2回目のこと。アルゼンチンGPでマルケスとの接触により、転倒したレース以来だ。

「僕は、アルゼンチンを除き、全てのレースで完走してきた。だから、今シーズン初のミスだと言わなければいけない」

 そうロッシは語った。

「たぶん、最悪の瞬間だ。クラッシュしたことについては、ものすごく落ち込んでいる」

 ミスを悔やむロッシだが、多くの周回でリードできたことは、満足に値すると語る。

「でも別の部分で言えば僕は満足している。とにかく、15周にわたって夢を見たんだからね。僕の弟(Moto2のルカ・マリーニ)が勝った後に僕も勝てていれば、素晴らしい1日になっただろうけどね」

「今回のレースは、今シーズンの僕にとって最高のレースだった。それについては満足している。コンディションも、サーキットも、僕らにとっては難しかったのにね。これはとても重要なことだ」

「その一方でかなり残念に思っている。ミスにがっかりしているんだ。こういうレースをし、ポイントを手にできなかったことは、とても苛立たしい」

 ロッシはクラッシュについて、リヤタイヤが滑ってしまったことが原因ではないかと考えている。

「分からない。チェックしなければいけないんだ」

 そうロッシは語った。

「確かにプッシュしていた。でも、それまでの15周も同じようにプッシュしていたんだ」

「スロットルに触った時、リヤがスライドした。基本的には、フロントタイヤに注意しているから、リヤについてはそれほど心配していないんだ。ギリギリにはあったし、リヤのスライドも確かに多くなっていた。そしてバイクが転倒したんだ」

 今回のレースの結果、ロッシはドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾを抜いてランキング2位を獲る可能性を失うことになった。また、チームメイトのマーベリック・ビニャーレスには、わずか2ポイント差に接近された。

「今日の結果は、チャンピオンシップにとっても非常に重要なことだ」

 そうロッシは語った。

「もし僕が勝てなくても、2位でフィニッシュすることができていれば、ランキング3位以上をほぼ確定させることができたはずだ。そして、2位のドヴィと5ポイント差まで近付くことができた」

「でも今は、最終戦バレンシアで、マーベリックと3位のポジションを懸けて戦わなければいけない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Gruz)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します