現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マレーシアGP、スコール対策で決勝開始が2時間前倒し。MotoGPクラスは14時からスタート

ここから本文です
スポーツ 2018.11.3

マレーシアGP、スコール対策で決勝開始が2時間前倒し。MotoGPクラスは14時からスタート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPは、午後になるとスコールに見舞われる可能性が高まることから、決勝日のタイムスケジュールが前倒しされ、決勝スタート時間が2時間早まることになった。MotoGPクラスは、日本時間14時からのスタートとなる。

 今週末のマレーシアGPは、不安定な天候に悩まされており、MotoGPクラスの予選は激しい雨により1時間以上走行が中断された。

    MotoGPマレーシアGP予選:ウエット路面でマルケス圧倒。ザルコ、ロッシが続く

 天気予報によると、決勝日のMotoGPクラスの決勝スタート時間直前にも降雨が予想されていることから、ライダーたちは金曜日から安全委員会の会議でレース時間の変更を求めていた。

 当初、この要求は受け入れられなかったが、実際に予選のディレイを余儀なくされたこともあって、主催者がレース時間の変更を認めた形だ。

 各クラスのウォームアップの時間が繰り上げられた上で、Moto3クラスの決勝が日本時間11時(現地時間10時)から開始。Moto2クラスが日本時間12時20分から、MotoGPクラスが日本時間14時からスタートされることになった。

 なお、雨のイギリスGP予選で負傷したティト・ラバト(アビンティア・ドゥカティ)の代役として参戦しているジョルディ・トーレスだが、マレーシアGPのFP4で転倒を喫し、マレーシアGPの欠場が決まった。彼は左手の親指を骨折、今後手術を受ける予定だという。

「9コーナーに入るときは、完全にドライだった。バイクを切り返して10コーナーに入った。間違いなく雨は降っていなかったし、レインフラッグも振られていなかった」とトーレスは転倒を振り返った。

「でももう2メートル走ったら、トラックが完全に濡れていたんだ。雨は見えなかったけど、転倒してしまった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します