現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年“ラリー・ジャパン”招致への一歩。FIAやWRCプロモーター関係者が新城ラリー視察

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

2020年“ラリー・ジャパン”招致への一歩。FIAやWRCプロモーター関係者が新城ラリー視察

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年の開催を目指すWRC日本ラウンド“ラリー・ジャパン”開催実現に向けた一環として、11月3日~4日に全日本ラリー選手権の第10戦として愛知県新城市を舞台に争われる新城ラリーをミシェル・ムートンやティモ・ラウティアイネンといったFIA関係者、マーク・ディオンといったWRCプロモーターの関係者が訪れている。

 当初、2019年の開催を目指していたラリー・ジャパンだが、10月に発表された2019年開催カレンダーには記載されず。招致準備委員会は2020年の開催を目指して活動を継続している。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 今回、新城ラリーはFIAやWRCプロモーターによりWRC本戦の開催が可能かどうかを判断する”キャンディデートイベント”として位置づけられており、関係者による視察が行われた。

 ラリー開幕前の2日(金)、サービスパークとなる新城総合公園ではデモカーを使用してオフィシャルのレスキュー訓練が行われており、FIAおよびプロモーター、さらにラリー・ジャパンの招致委員会でアドバイザーを務めるヤルモ・レーティネンが視察を行った。

 このレスキュー訓練はクラッシュした車両のルーフを工具で切断し、ドライバーを救出する本格的なものだったが、訓練に参加したオフィシャルは「WRCの各イベントでレスキュー訓練が行われているようですが、他のイベントと比べてルーフを切る作業が遅いとムートンさんから言われました」と言う。

 その後、視察団は夕方には新城文化会館に移動してセレモニアルスタートの視察を行い、ムートンらもスタートフラッグを振った。

 ここでは穏やかな表情を見せていた視察団だったが、新城ラリーのスタートはFIA視察団にどのように映ったのか?

 FIAおよびプロモーターによる視察は3日(土)にも続き、午前中はラリー・ジャパンでサービスパークが設置される予定のモリコロパークを訪れ、同日に開催されているTOYOTA GAZOO RACINGラリーチャレンジを視察する予定。

 その後、午後には新城市に戻り、新城ラリーのスペシャルステージ(SS)を視察する予定となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/11/02 23:53

    違反報告

    まずは開催する事、その次に継続開催やな。
    継続開催が出来れば関係者各位がノウハウを蓄積出来る訳やから。
    F-1からWRCに至る迄車両は造れているから、今度は競技の誘致。とにかく続けないと行けない。
    あと二輪、ワールドSBKやモトクロスも再誘致せんとな。SUGOさん宜しくやで。

    ※SUGOのGさん、貴殿の力量に期待しております。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します