現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャン失格の控訴審問が終了も、判決は翌日以降に持ち越しに

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

グロージャン失格の控訴審問が終了も、判決は翌日以降に持ち越しに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1イタリアGPでのロマン・グロージャン失格裁定について、ハースF1チームが控訴を行ったことを受け、1日、FIA国際控訴裁判所において審問が行われた。しかし裁判所の決定についてはまだ発表されていない。

 審問は1日午前9時からパリで行われ、スケジュールどおりに終了したが、FIAの慣習により決定が公表されるのは翌日以降になる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 イタリアGP決勝をグロージャンは6位で終えたが、その後、ルノーF1チームがハースVF-18のフロアに規定違反がある可能性を訴えた。レーススチュワードは、2018年F1技術規則第3条7.1d(「車両の真下から見た時に前部の各角上に半径50mm(+-2mm)の丸みがなければならない」との規定)にハースが違反していると判断し、グロージャンを失格とする裁定を下した。

 問題の違反については、7月25日の時点でFIAから技術指導書が発行され、一部チームはそれに基づいてイタリアGPまでに修正を行うことが求められていた。しかしハースは、夏のファクトリー閉鎖の関係で対応できない旨、FIAに伝え、これに対する返答がなかったため、マシン修正期限の延期を認められたものと解釈したという。

 しかしFIA側は許可を与えたという事実を否定、その結果、ルノーがハースに対する疑義申し立てを行うことが可能になった。

 この失格でハースは8ポイントを失った。一方、ルノーはカルロス・サインツJr.が9位から8位に繰り上げられたことで、2点多く獲得している。ハースはルノーとコンストラクターズ選手権4位をかけて戦っているが、その後の不調もあり、メキシコGP終了時点ではギャップを30点にまで拡大されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します