現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カワサキのニンジャZX-6Rレース専用モデルが受付開始。2019年2月から販売

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

カワサキのニンジャZX-6Rレース専用モデルが受付開始。2019年2月から販売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カワサキモータースジャパンは、レース専用モデルNinja ZX-6Rを特別販売することを発表した。11月1日より第1次の受注が始まっており、2019年2月以降から出荷される。

 レース専用モデルのニンジャZX-6Rは国内ロードレースのST600クラスの活性化を目的に導入されるもの。高回転域での優れた性能と、中回転域での豊富なトルクを両立させる、水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブのハイパフォーマンスエンジンを搭載する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 排気量は599ccと、先日詳細が公開された公道仕様の2019年型ニンジャZX-6Rが636ccであるのに比べてやや小さくなっている。公道仕様のニンジャZX-6Rの最大出力は93kW(126馬力)/13,500rpm(ラムエア加圧時97kW(132馬力)/13,500rpm)、最大トルクは70N・m(7.1kgf・m)/11,000rpmだが、レース専用モデルの最大出力と最大トルクは公開されていない。

 レース専用モデルのニンジャZX-6Rは滑らかかつダイレクトなスロットルレスポンスを備えるとともに、車体はマスの集中化と軽量化を追求。さらにSHOWA製ビッグピストンフロントフォーク(BPF)、ツインインジェクターを装備するフューエルインジェクションを装備している。

 なお、レース専用モデルはナンバー取得に必要な書類は一切発行されないため、公道での走行は不可。ECUやサブハーネスが付属品となっている。

 受注期間は2回に分けて行われ、第1次は2018年11月1~20日、第2次が11月21日~12月14日。出荷開始は第1次受注期間受付のものが2019年2月以降、第2次受付期間のものが2019年3月以降になる。

 メーカー希望小売価格は92万4480円(税込み)。カラーはライムグリーンとなっている。なお、写真は公道仕様のものである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します