現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC上海にスポット参戦するコルベット・レーシング、“レッドライン”が特徴のC7.R公開

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

WEC上海にスポット参戦するコルベット・レーシング、“レッドライン”が特徴のC7.R公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月16~18日、中国の上海国際サーキットで開催される2018/19年WEC世界耐久選手権第5戦上海6時間レースにスポット参戦するコルベット・レーシングは11月1日、LM-GTEプロクラスに投入する64号車シボレー・コルベットC7.Rのカラーリングを発表した。

 北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)を主戦場としながら、毎年ル・マン24時間にスポット参戦しているコルベット・レーシングのコルベットといえば、“コルベット・イエロー”を車両全体にまとうカラーリングでお馴染みだ。

    WEC:コルベット参戦の上海戦暫定エントリー発表。マノー・ジネッタは“ホーム”でも出走せず

 しかし、ワークスチームとしては異例のスポット参戦となる今回、アメリカンチームはマシンのイメージを大きく変更。シルバーを基調に、中国で生産されるシボレーシリーズの特徴となっているレッドラインとブラックアクセントが含まれた目新しいカラーリングを採用した。

 この新カラーリングの中でもっとも特徴的であるレッドラインは、フロントチンスポイラーからサイドスカートにまわりリヤのロワ下部まで続く。また、ボンネットとルーフ、ホイール、リヤウイングおよびその翼端板ではブラックのアクセントと組み合わされる形でレーシングコルベットを彩っている。

 この他、WSCCやル・マン参戦時には見られないシボレーの大型ロゴがフロントウインドウ上部のバナーと左右のドアに確認できるのも、今回のスポット参戦車の特徴のひとつだ。

 そんな64号車コルベットをドライブするオリバー・ギャビンは「僕はこれまでにコルベットC5-R、C6.R、C7.Rという3代のコルベットを乗り継いできたけれど、それらはすべてイエローだった。しかし“レッドライン”を見て素晴らしいと感じたよ」とコメントした。

「僕にとってこのデザインは新鮮でシャープな印象を受ける。とてもクールだ。(コクピットから見える)ボンネットがイエローじゃないことにはじめは戸惑うかもね(笑) でも、すぐに慣れると思うよ」

 また、ギャビンとペアを組むトミー・ミルナーもレッドライン仕様に好印象を抱き、「素晴らしい出来だ」と愛車のデザインを評価する。

「(新しいデザインは)確かにコルベットが持つ歴史と情熱を感じることができる。“レッドライン”という重要な特徴がそれを体現しているんだ」

「本当にスポーティな外観だよね。僕たちは(初めて乗る)イエロー以外のカラーリングになったコルベットをドライブできることに興奮しているんだ!」

 2018年のWSCCで2年連続ドライバーズタイトル、3年連続チームタイトルを獲得したコルベット・レーシングのシボレー・コルベットC7.Rは11月16~18日、WEC“スーパーシーズン”第5戦上海でアジアデビューを飾る予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します