現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダF1のガスリー「もうパワーユニット交換はない」。残り2戦は降格ペナルティなく実力発揮へ

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

トロロッソ・ホンダF1のガスリー「もうパワーユニット交換はない」。残り2戦は降格ペナルティなく実力発揮へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、2018年残りの2戦は、パワーユニット(PU/エンジン)の交換をすることなく戦える見込みであると語った。

 ホンダは戦略的な理由などでここ数戦、ガスリーとブレンドン・ハートレーのパワーユニットをしばしば交換している。それによりガスリーは、グリッド降格ペナルティを受け、後方から戦うレースが続いている。いずれもエレメント交換によるペナルティを科され、ガスリーはロシアでは17番グリッド、アメリカでは19番グリッド、メキシコでは20番グリッドからのスタートを強いられた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 しかしガスリーは残りのブラジルとアブダビでは、予選を戦った上で、自身が獲得したポジションからレースをスタートできるものと考えている。

「メキシコが最後の交換になると思う。このままシーズン最後までいけるだろう。不運なことが起きないといいね」とガスリーが述べたとRacefansが伝えた。

「最後までいけるよう、今回新しいエンジンを導入した。残り2戦で2基、ストックがある」

「だから今後の2戦は予選結果のポジションからスタートできるはずだ。メキシコの週末よりもいいパフォーマンスを発揮できるだろうから、すごく前向きな気分だよ」

 ガスリーはメキシコGPで最後尾スタートから決勝10位を獲得、1ポイントを稼いだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します