現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのハートレー、自分の将来に危機感?「自己弁護する必要性を感じた」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.1

トロロッソ・ホンダのハートレー、自分の将来に危機感?「自己弁護する必要性を感じた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来季の去就が決まっていないブレンドン・ハートレー(トロロッソ)は、自分のことは自分で擁護する必要があると感じたため、外部に向けてより率直に声を挙げるようになったのだと説明した。

 レッドブルは、ダニール・クビアトをトロロッソのドライバーとして呼び戻すことを決定。もう1人のドライバーにはアレクサンダー・アルボンの起用を望んでいることから、ハートレーの将来は不確実なものとなってきている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 一方ハートレーは2019年に向けて有効な契約を結んでいると主張。さらにメキシコGP中には、チームがアメリカGPの際に出したプレスリリースに反論するなど、シーズン終盤に向けて自ら声を挙げるようになってきている。

 メキシコで、より遠慮なくコメントするようになってきていることについて訊かれたハートレーは、次のように答えた。

「今後について、直近のものに関しての質問には答え続けなければならない」

「僕は自分のことを少しでも守らなければならないと気づいたんだと思う。時には自分自身のために立ち上がり、そう思わせた原因と対峙しなければならないと感じたんだ」

「僕は最近のレースで本当に良い仕事をしているし、とてもい良い場所にいると感じている」

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、メキシコGPを前にハートレーについてコメント。将来を確保するためには、もっと良い仕事をする必要があると指摘していた。

 トストのコメントは、ハートレー本人の自己評価とはズレがある。来年レッドブルへと昇格するチームメイト、ピエール・ガスリーと匹敵するパフォーマンスを見せていると、ハートレーは考えているのだ。

 ハートレーは今年、ガスリーと同じようなポジションを走っているが、ガスリーが29ポイントを獲得しているのに対し、ハートレーはわずか4ポイントに留まっている。

「1周目がうまくいかなかったり、接触があったりするレースでも、そのあとはマシンを前に進めていけている」とハートレーは語った。

「レースの結果に大きな影響を及ぼすこともある予選では、その差がとても近いことも多い。それが事実だ」

「オーストリアのようなレースでは、ポイント獲得圏内にいたしペースも良かった。でもサスペンションが故障したんだ」

「予選でトップ10に入ったハンガリーでは、2人で戦略を分けた。早めにピットインをして、他のマシンにオーバーカットされたのは僕だけじゃなくて、ルノー勢もそうだった。単純にピエールが良い1周目を走ったケースでもある」

 ハートレーは、今季序盤に多くのチャンスを逃したと話した。彼はレッドブルの育成ドライバーから外れてから7年間、シングルシーターではなくスポーツカーのカテゴリーを戦っており、その調整に手間取ってしまったようだ。

「僕は今、とても快適に感じられる環境にいるし、僕は良い仕事をしている。でもそれがいつも功を奏するとは限らない」

「自分のパフォーマンスに集中する。自分は本当に良い場所にいるということが分かって
いるし、自分がやっている仕事も分かっている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hir*****|2018/11/01 11:43

    違反報告

    まだF1が終わってないのに、来年のシートの去就騒動を引き起こすレッドブル。
    しかし、レッドブルだけではなく、F1村全体がそうだ。
    それでは、ドライバーのモチベーションどころか心理状態もおかしくなる。
    その影響をまともに受けているのは可哀そうなブレンドンだ。
    やるならストーブリーグでやってくれ。
  • bay*****|2018/11/02 00:20

    違反報告

    今更なにを言っても無駄だね。
    ハートレーは結果を残してない。
    自分の責任が何かも分かってない発言は自分の首を絞めるだけ。
    序盤の不甲斐なさは期待してたチームゆやファン誰の目から見ても不満の残る所。
    スローダウンしてレコードラインを平然と走り、ガスリーと危やな状態を見た時、直ぐにでも降ろしたほうが良いと思ったくらいです。
    あの時下手をすると、今のガスリーは居なかった。
    あの件で反省してると思いきや、次のレースでも大惨事を起こす体たらく。
    何故あの時、ハートレーを降ろす決断をしなかったのか?
    年齢的にも伸びしろは少なく適応出来るドライバーなら、とっくに頭角を現し結果を残してます。
    契約の事もありクビにはならないだろと高を括ってたのか分かりませんが、今の不満爆発のコメントを見るといい加減にしろと言ってやりたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します