現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レクサス、RCをマイナーチェンジして発売。LCのデザイン・走りを継承して細部を改良

ここから本文です
スポーツ 2018.10.31

レクサス、RCをマイナーチェンジして発売。LCのデザイン・走りを継承して細部を改良

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レクサスは10月31日、スポーツクーペ『RC』をマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて10月31日に発売したと発表した。RC350、RC300h、RC300の3グレードがラインアップされ、それぞれ『F SPORT』グレードが設定される。

 レクサスRCは、2014年に発表されたスポーツクーペ。この『F』モデルであるRC FはスーパーGT GT500クラスのベース車両や、FIA-GT3車両に活用されたほか、RCもスーパー耐久で活躍するなど、そのスポーティさが活かされモータースポーツで活躍している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 今回発表された新型RCは、フラッグシップクーペである『LC』で培った新世代レクサスのデザイン・走りを継承し、より魅力的なクーペに進化することを目標として開発された。具体的にはスポーティなイメージはそのままに、LCの流れを汲むエクステリアデザインを両立させ、レクサスならではの高い質感や快適性に加え、運転の愉しさを際立たせるインテリアが採用された。

 さらにLCの走りを継承するため、空力性能の向上やタイヤ、サスペンションなどの主要部品を改良したほか、2リッターターボエンジンの特性やステアリングフィールにいたるまでの作りこみを実施。ドライバーの運転操作に忠実な高い操縦安定性と、フラットな車両姿勢や滑らかな走りによる優れた乗り心地を実現した。

 外観では、スピンドルグリルのメッシュやヘッドライトの造形が改められたほか、リヤバンパーコーナーにエアダクトを設け優れた操縦安定性を実現。また、リヤコンビネーションランプもL字がより際立つデザインとされている。インテリアは、ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルをヘアライン調に変更したほか、インストルメントパネル上にLCと同意匠のアナログクロックが採用されている。

 また走りの面でも、LCのコンセプト『より鋭く、より優雅に』を継承した車両特性を目指した。空力性能やサスペンションの改良、徹底的な走りこみに基づくパワートレーンのチューニングなどの開発を実施。フラットかつ滑らかな乗り味と、LC譲りのハンドリングを味わえる優れた運動性能を実現したという。

 グレードは、RC350、RC300h、RC300の3グレードでそれぞれバージョンL、F SPORTが設定される。RCの車両情報はホームページ(https://lexus.jp/models/rc/)まで。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します