現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ 2018スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.10.29

ホンダ 2018スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUPER FORMULA Round07
鈴鹿サーキット

決勝
2018年10月28日(日)

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

#16 山本尚貴がポール・トゥ・ウインで今季3勝目
自身5年ぶり2度目のシリーズチャンピオンを獲得

 10月27日(土)~28日(日)、鈴鹿サーキット(三重県)で2018年度全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ最終戦(第7戦)が『第17回JAF鈴鹿グランプリ』として開催されました。前戦を終えた時点で、シリーズポイントランキングの首位は29ポイントの#3ニック・キャシディ(KONDO RACING)、2番手は25ポイントの#1石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、3番手が24ポイントの#16山本尚貴(TEAM MUGEN)となっており、このレースの結果により3人の中からシリーズチャンピオンが決定することになります。

 予選が行われる土曜日、鈴鹿サーキットは秋晴れとなりました。FIA ワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)と併催の今回、午後12時35分からノックアウト方式の公式予選が行われ、Q1からQ3まで3セッションの結果、#16山本がすべてのセッションでトップタイムを記録する圧巻のパフォーマンスでポールポジションを獲得。ポールポジションポイント1ポイントを加えたランキングでは#1石浦と同点の2番手に並び、決勝レースを迎えることとなりました。

 日曜日も前日に続いて晴天となり、午後2時15分、決勝レースが始まりました。ポールポジションから#16山本が好スタート、先頭で第1コーナーに飛び込んでじりじりと後続を引き離し始めました。シリーズポイントで#16山本を4ポイントリードする#3キャシディは、上位陣では唯一ミディアムタイヤを装着して4番手につけてレース後半に追い上げる作戦です。
 
 ソフトタイヤを装着してスタートした#16山本が逆転でシリーズチャンピオンとなるには、レース前半で後続を引き離して後半に追い上げる#3キャシディを押さえ込んで優勝する必要がありました。

 両者がタイヤ交換を終えレースが後半戦に入った時点で、#16山本と#3キャシディの差は7秒弱。消耗は速い反面、グリップ性能が高いソフトタイヤを装着した#3キャシディは、長持ちする反面、グリップ性能は低下するミディアムタイヤへ交換した#16山本との間隔をじりじりと縮め始めます。
 
 両者の差は最終ラップを迎える段階で1秒を切りました。しかし#16山本は落ち着いたレース運びを見せ、事実上スタートからフィニッシュまでトップを譲ることなく43周のレースを0秒654の差で走りきり、シリーズ第3戦以来今シーズン3回目の優勝をポール・トゥ・ウインで飾りました。その結果、最終戦の優勝ボーナスポイント3ポイントも加えたことで#3キャシディを逆転し、1ポイント差で2013年以来自身2回目となるSUPER FORMULAシリーズチャンピオンに輝きました。

コメント
佐伯昌浩 プロジェクトリーダー
「SUPER FORMULAの王座を獲得した山本尚貴選手と、手塚長孝監督をはじめとするチームおよび関係者の方々、そして、いつも熱い応援をしてくださるファンのみなさまに心より感謝申し上げるとともに、この喜びをともに分かち合いたいと思います」

「Hondaとしても、ここ数年悔しい思いのシーズンが続いておりましたが、地道な努力の積み重ねがこの結果に結びついたと思います。みなさまのご声援をよろしくお願いします」

山本尚貴選手(優勝)
「2013年以来5年ぶり2度目のチャンピオンを獲ることができ、素直にうれしいです。この日のために開発、メカニック、エンジニア、スタッフ、みんなで力を合わせてがんばってきました。最終ラップまでし烈な争いをして、速い者がチャンピオンになるという、フォーミュラーカーレースの真のおもしろさをお見せできたのは、ニック(キャシディ)選手ほかレベルの高い選手と戦えたからこそです」

「シーズンの途中では苦しい時期もありましたが、チームの総合力とファンのみなさまのおかげでチャンピオンにたどり着くことができました。応援してくださったすべてのみなさまに感謝いたします。本当にありがとうございました!」

手塚長孝 TEAM MUGEN監督
「最終戦でお客様にワクワクしていただけるエキサイティングなレースをお見せすることができ、誇りに思っています。金曜からのいい流れを作れたことが、タイトル獲得という結果につながりました」

「それをコントロールしたのはもちろん山本尚貴選手であり、そして彼のもとでチームスタッフ全員が自分の仕事を100%やりきったからこその勝利です。支えてくださったすべての方に感謝いたします。次はチームタイトルという新たな目標に向かってチーム一丸でチャレンジしたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • par*****|2018/10/29 20:49

    違反報告

    さすがでした。
    やっぱり強いですね、山本選手。
    ニックも追い上げて、あそこまで山本選手をビビらせたのはさすがだと思う。
    良いレースを魅せてもらいました♪
    また来年も楽しみにしていますね。
    おめでとう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します