現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フロントロウ独占のレッドブル、スタート時のトップスピード差を警戒。ドライバー2人で”共同作戦”も?

ここから本文です
スポーツ 2018.10.29

フロントロウ独占のレッドブル、スタート時のトップスピード差を警戒。ドライバー2人で”共同作戦”も?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メキシコGPのフロントロウを独占したレッドブル。チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、スタート時にダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが協力し、後続を抑えるのも作戦のひとつだと話した。

 今週末を通して速さを発揮し、”パワーユニット時代”が始まって以来初のフロントロウ独占を果たしたレッドブルだが、フェラーリやメルセデスに対してパワーでは劣っているため、スタートでポジションを落とす可能性がある。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、トップスピードの差により「ストレートや1コーナーで大事故が起きる可能性がある」と示唆した。

「フロントロウのレッドブルは、ストレートスピードが最も遅い。我々メルセデスとフェラーリは、間違いなく他の人たちよりも時速10kmほど速い」

「我々は、2台のマシンが無傷で1コーナーを抜けることを願っているよ!」

 ホーナー代表もスタート直後の危険性は認識しているようで、レッドブルの2人が協力し、3番手スタートのルイス・ハミルトン(メルセデス)と4番手スタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を抑えることが、理に適った作戦だと考えているようだ。

 レース前のブリーフィングで、ドライバーたちに何を話すつもりか訊かれたホーナーは「1コーナーに向けて、できる限りワイドに広がる”シンクロナイズド・ドライビング”をし、スタート直後のドラッグレースでフェラーリとメルセデスを抑える」と答えた。

「セバスチャンが日本GPでマックスの後ろにいた時や、アメリカGPでダニエルの後ろにいた時に、ストレートで非常に強力だった。それはルイスも同じだ」

「彼ら(リカルドとフェルスタッペン)は、お互いのことに集中しすぎるのではなく、後ろのライバルたちに集中しなければならない。そういったことを含めて、レース前のブリーフィングで議論する」

 ホーナーはリカルドとフェルスタッペンに自由にバトルをさせるつもりのようだが、スタート直後の1コーナーまでは安全にレースを進めるべきだと考えている。

「彼らは自由にレースができるが、それはクリーンなものでなければならない」とホーナーは述べた。

「最初のコーナーでレースに勝てるわけではない。タイヤをうまく管理しなければならない」

「これまでの走行でわかるように、タイヤはとても壊れやすい。フェラーリやメルセデスの前を維持できるような戦略を持っていることを、確認することになる」

「我々のドライバーふたりは、本当にバトルを望んでいるが、それは危険だ。彼らはチームの一員であり、そのことを念頭に入れておく必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します