現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダとの関係は、ルノーとのそれよりも既に強い……来季への期待を語るレッドブル

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

ホンダとの関係は、ルノーとのそれよりも既に強い……来季への期待を語るレッドブル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、来季から新たにパートナーを組むホンダとの関係は、すでにルノーとの関係よりも強くなっていると語る。

 来季からホンダのパワーユニットを使うことになっているレッドブル。同チームの姉妹チームであるトロロッソは、今季からホンダのパワーユニットを使っており、同社のパフォーマンスが進歩してきていることをコース上で示している。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 レッドブルのホーナー代表は、ホンダとの関係について次のように語った。

「関係はすでに強くなっている。はるかに統合されているんだ」

「ここ数年、(ルノーとは)非常に難しい関係だった。緊張関係にあったんだ」

「ホンダとルノーのそれとは、とても異なる関係だ。代金を支払うカスタマーではなく、真のパートナーシップ及び技術提携なんだからね」

「ルノーとのキャリアについては、我々はずっとカスタマーだった」

「2011~12年頃、エキゾーストブローがピークだった頃、シャシーとエンジンの統合は非常に強力なものだった」

「その関係は、2014年と15年の間に希薄になった。そして2016年に彼らが自らのチームを持った時、その関係は完全に停止したんだ」

 ホーナー代表は、ホンダの進歩に期待している旨を語る。

「毎月毎月、彼らは強くなってきている。彼らが今使っているエンジンは、フィールドの前方に近づいてきている」

「そこに行くまでには、確かにまだ少し差がある。でも、その進歩や日本からのコミットメントを見るのは、本当に励みになる。うまくいけば、2019年に利益を得ることになるだろう」

「まだまだ道程は残っている。でも、ミルトンキーンズのファクトリー全体が力を注ぎ込んでおり、チーム全体には楽観的なフィーリングがある」

 ホンダのパワーユニットを使うことによって、レッドブルが現在メルセデスやフェラーリにつけられている差を埋めることができるのであれば、チームはシャシーと戦い方により、残った差を補うことができると信じている。

「レギュレーションがリセットされる。いくつかのチームは正しい答えを得て、いくつかのチームは間違った答えを導き出すだろう」

 ホーナー代表は、2019年に待ち受けるチャンスについてそう語った。

「我々は、その速い部分にいることを願っている」

「過去5年間にわたって、我々の弱点はパワーの差だった。そして、フェラーリやメルセデスに近いところでスタートすることができれば、我々は彼らに戦いを挑むチームとしての強さの深みを持っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します