現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 石浦まさかのQ2敗退も「僕はどう前にいくかを考える」と前向き。キャシディは虎視眈々

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

石浦まさかのQ2敗退も「僕はどう前にいくかを考える」と前向き。キャシディは虎視眈々

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月27日、全日本スーパーフォーミュラ選手権は公式予選が行われたが、25ポイントでランキング2位の石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)は、予選でまさかのQ2敗退を喫し、11番手で10月28日の決勝を戦うことになった。予選後、石浦に何が起きたのか、そして4番手につけたニック・キャシディ(KONDO RACING)の予選後の感触を聞いた。

 ディフェンディングチャンピオンである石浦は、10月27日の予選Q1でまずはミディアムタイヤを装着し1分39秒407というタイムをマーク。しかし、Q2では1分39秒407というベストタイムに留まり、わずかにQ3進出を逃す結果となってしまった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 24ポイントでランキング3位につける山本尚貴(TEAM MUGEN)がポールポジション、そして29ポイントのニック・キャシディ(KONDO RACING)が4番手と上位を狙うポジションにつけるなか、石浦にとっては苦しい予選順位。ただ、石浦自体はそれほど悲観することなく予選を振り返った。

「Q2では計測1周目の予定で、タイヤ内圧も高めでコースインしました。その計測1周目におそらくニック(キャシディ)だと思うんですが、前に1台がいたんです。彼はアタックをしなかったので、残念ながら……というところですね。僕はもうすっかり内圧が上がっている2周目にアタックをせざるを得なくなってしまいました。運が良くない予選でした。あれがなければQ2も通れたと思っています」と石浦。

「クルマは悪くなく、Q1でのミディアムタイヤではそこまでいかないかな、と思っていましたけど、ソフトタイヤには合っていたと思います。Q3でもそこまでタイムは上がってこなかったので、(上位は)見えている範囲だったと思います」

 石浦にとってはアンラッキーなかたちでのQ2敗退だが、「このレースではそういう前に引っかかったりとか、運もけっこう必要ですから。1年を通せばみんなそういうタイミングはあると思います」とこういったケースは誰しもが遭遇するものだという。

「開幕戦も含めて、今シーズンはひとりで走っている分にはレースが速かったですし、前を押さえられなければ、ウチのクルマは決勝が速いですから。そこを活かせるような戦略で戦いたいと思っています。今回、ライバルがどうこうは考えていないですし、山本選手はポールポジションを獲って彼なりのレースをするでしょうし、僕はどうやって前にいくかを考えてレースをしたいと思います」と決勝での巻き返しに向けてコメントした。

 一方、ランキング首位のキャシディは山本にポールポジションを許したものの、4番手というポジションに「もちろん、100パーセントとは言えないけど、いい予選だったよ」とコメントしている。

「抜きづらい鈴鹿で4番グリッドは悪くない。タイヤの温まりは、まあまあと言ったところだったかな。アタックを含めてミスをしたわけじゃないしね。明日も今日の予選のようにミスなく走りたいし、クルマはレースの方が良さそうだから、明日はなんとか山本サンに勝ちたいね」

 タイトルコンテンダーたちにとってはそれぞれの思惑もあり、そして周囲にはそれとは別にレースを戦うライバルたちがいる。さまざまな思いを抱いて展開されるスーパーフォーミュラ第7戦決勝は、いったいどんなレースになるだろうか……?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します