現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン「予選シミュレーションでは1周もうまくまとめられず。明日どこまで挽回できるかは分からない」:F1メキシコGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

ライコネン「予選シミュレーションでは1周もうまくまとめられず。明日どこまで挽回できるかは分からない」:F1メキシコGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1メキシコGPの金曜、フェラーリのキミ・ライコネンはフリー走行1=8番手/2=8番手だった。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン フリー走行1=8番手/2=8番手
 このトラックは走り始めはいつだってトリッキーなんだ。ダウンフォースが相当低い状態で走るからね。今日もそうだった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 メキシコの金曜はいつもこういう感じだ。路面のグリップがかなり低く、簡単にミスをしてタイヤにフラットスポットを作ってしまいがちだ。実際、バイブレーションがひどく、理想的な状態ではなかったものの、終盤にはよくなってきた。

 僕らとライバルたちとのパフォーマンス比較については、明日になれば確認できるだろう。セッションのなかで改善していったのは確かだけれど、まだ完了させなければならない作業が残っている。

 だんだんよくなっていったが、ハイパーソフトでは1周もいい走りができなかった。最初のラップではロックアップしたし、その後はバイブレーションが出た。マシンをもっとよくすることができるのは間違いないけれど、ライバルと比べてどの位置までいけるかは、今の段階では分からない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します