現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バンドーン「タイヤをうまく使ってパフォーマンスを上げられれば、ポイント獲得を狙える」:F1メキシコGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

バンドーン「タイヤをうまく使ってパフォーマンスを上げられれば、ポイント獲得を狙える」:F1メキシコGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1メキシコGPの金曜、マクラーレンのストフェル・バンドーンはフリー走行1=16番手/2=15番手、FP1でフェルナンド・アロンソの代わりに走ったランド・ノリスは15番手だった。

■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン フリー走行1=16番手/2=15番手
 まずまずの金曜日だった。今日一番話題になるのはタイヤのことだと思う。コース上を走り続けて、ロングランで状況を見ることが重要だった。2台でタイヤを分けて、それぞれのデグラデーションをチェックした。今日は誰もがタイヤに苦労していたと思う。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 序盤は路面がとても滑りやすかったが、どんどんコンディションが良くなっていくから、状況をしっかり見ていくよ。日曜も今のようなコンディションならレースは面白くなるだろうね。

 僕らがどのあたりの位置にいるのか、今の段階では判断できない。かなり接戦だと思う。レッドブルが他より速いのは間違いないが、それ以外は混戦だ。だから僕らも何かを見つけ出してパフォーマンスを向上させることができれば、いい位置にいけるかもしれない。タイヤをうまく管理して走ることが、何より大事になるだろう。それがうまくできれば、ポイントを獲得するチャンスが高まるんだ。

ランド・ノリス フリー走行1=15番手
 FP1は難しいセッションだった。メキシコシティで走るのはこれが初めてだったんだ。タイヤのデグラデーションが大きく、路面が汚れていて、走行が楽ではなかった。ミスが出やすいコンディションだった。

 何度かロックアップしたけれど、走行プランを完了し、必要な作業を行うことができた。マシンとコースの感触をしっかりつかむことができたよ。僕にとってはそれが一番重要なことだった。来年戻って来た時に、すぐに自信を持って走れるように準備をしたかった。

 ここで走るのは本当に難しい。これほどダウンフォースが低い状態で走ったのは初めてだ。今回もまた新しい経験をすることができてよかった。僕自身の学習という面で有意義な一日だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します