現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー、パワーユニット交換で15グリッド降格「戦略的判断。前向きに戦っていく」:トロロッソ・ホンダ F1メキシコGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

ガスリー、パワーユニット交換で15グリッド降格「戦略的判断。前向きに戦っていく」:トロロッソ・ホンダ F1メキシコGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1メキシコGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=20番手(ノータイム)/2=14番手だった。

 ホンダは、前戦アメリカGPでガスリー車に使用したパワーユニット(PU/エンジン)に組み立て上の懸念があったとして、ファクトリーに送って詳細な調査を行うことを決めた。このパワーユニットを今シーズンの残りレースで使用できるかどうかが現時点では明らかでないため、FP1で最新スペックの新しいエレメントを投入してストックを作り、その後、旧スペック(スペック2)に戻して今週末を戦うという判断をした。ガスリー車には8基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hが導入されたため、彼は決勝で15グリッド降格ペナルティを受けることが決定した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 パワーユニット載せ換えのため、ガスリーはFP1では走行時間を大量に失い、計測ラップを走っていない。FP2では36周を走りこみ、1分19秒047で14番手となった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=20番手(ノータイム)/2=14番手
 楽な一日ではなかった。FP1でエンジン交換をしたため、午前中にはほとんど走れなかった。それが午後のセッションに向けた準備に影響した。

 FP2もスムーズなセッションだったとはいえない。トラフィックに遭ったし、ドライバビリティの問題もあった。明日に備えて今夜やるべき仕事はたっぷりある。

 日曜にペナルティを受けて、最後方グリッドからスタートしなければならない。だから今週末はレースペースにフォーカスして作業をしていく。

 ポジティブな気持ちを失ってはいないよ。(後方からスタートすることで)苦労するだろうけど、シーズン最後の2戦を考慮して戦略的になされた判断だからね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します