現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メキシコGP FP1:フェルスタッペンがトップタイム、トロロッソ・ホンダはハートレーが9番手

ここから本文です
スポーツ 2018.10.27

F1メキシコGP FP1:フェルスタッペンがトップタイム、トロロッソ・ホンダはハートレーが9番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第19戦メキシコGP金曜フリー走行1回目はレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

 週末は天候不順と報じられている2018年のメキシコGPだが、初日は朝から青空が広がった。FP1の始まる午前10時の時点で、気温18℃、路面温度23℃。標高2300mの高地のせいか、体感温度はずっと寒く感じる。降水確率は0%。今日の2回のフリー走行は、降雨の恐れはほぼない。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 このセッションでは、フォース・インディア、ザウバー、マクラーレンがそれぞれ、ニコラス・ラティフィ、アントニオ・ジョビナッツィ、ランド・ノリスを走らせている。

 今回のレースでは、タイヤへの負荷がそれほど高くないサーキットのため、最もソフト寄りのスーパーソフト、ウルトラソフト、ハイパーソフトの3種類のタイヤが持ち込まれている。

 ホンダはこの週末、搭載パワーユニットをスペック2に戻すことをすでに決定している。さらにピエール・ガスリーのパワーユニットは、「アメリカGPでレースを戦ったパワーユニットは、組み立て段階の不具合でトラブルが出る可能性がある」(田辺豊治テクニカルディレクター)ことから、このセッションで新品スペック3を投入し、FP2からスペック2を走らせる。そのためガスリーのみ、グリッド降格ペナルティを科される。

 路面はまだかなり汚れており、キミ・ライコネン(フェラーリ)がターン10のブレーキングで派手に白煙を上げたり、カルロス・サインツJr.(ルノー)がターン1でコースオフしている。

 大部分のマシンは最初からハイパーソフトで周回。まずはルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分18秒台前半タイムで首位に立つが、すぐにレッドブルの2台が1-2を形成する。最初のタイヤセットを返却する開始後40分の時点で、ダニエル・リカルド(レッドブル)が1分17秒932でトップ。フェルスタッペン、ハミルトン、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が続いている。

 開始後65分。昨年勝者のフェルスタッペンが、リカルドのトップタイムを1秒082秒縮める1分16秒656を叩き出した。昨年のフリー走行最速タイムを一気にしのぎ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のポールタイムに0.168秒迫るものだ。その後リカルドも同じハイパーソフトで自己ベストを更新したが、それでも約コンマ5秒及ばなかった。

 3、4番手にはサインツ、ニコ・ヒュルケンベルグのルノー勢が入った。5、6番手はハミルトン、ボッタス。フェラーリはベッテル7番手、ライコネン8番手だった。

 トロロッソ・ホンダは、新空力パッケージの評価を担当したブレンドン・ハートレーが9番手タイム。ガスリーはパワーユニット交換のために2周で周回を切り上げ、最下位だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します