現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 金曜日トップタイムの関口雄飛「いつも通りベストを尽くすだけ」|スーパーフォーミュラ第7戦

ここから本文です
スポーツ 2018.10.26

金曜日トップタイムの関口雄飛「いつも通りベストを尽くすだけ」|スーパーフォーミュラ第7戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿。金曜日の専有走行をトップタイムで終えた関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は、タイトルのことは考えずにベストを尽くすことに集中したいと語った。

 ドライコンディションの中で行われた金曜日のセッション。明日朝のフリー走行が雨の予報が出ていることもあり、各陣営とも週末に向けて様々なメニューをこなしている様子だった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 その中でセッション終盤に好タイムを連発しトップタイムを記録した関口。今週はWTCRとの併催になっており、路面コンディションはあまり良くなかったという。

「路面が埃っぽいですね。見た目は、走行ラインとかはラバーがのって黒くなっているのですが、走り始めはけっこう砂がコース上に出ていて、路面状況はあまり良くないかなという印象でした。このセッションでは、ドライビングもクルマの面でも、まだタイムアップできそうなところはありました」

 第6戦を終えて、トップから12ポイント差のランキング4位につけている関口。確率としては厳しいが逆転チャンピオンの可能性を残して最終戦を迎えている。だが、チャンピオンのことについては深く意識せずに、このレースで勝つことに集中したいという。

「ドライバーズタイトルに関しては、考えても仕方がないので、とにかく優勝だけを目指して頑張ります」

 また、ITOCHU ENEX TEAM IMPULとしてもランキング2位につけており、こちらもチャンピオン獲得のために好結果が必要だ。スーパーフォーミュラでは、前年のチームランキング順で1コーナー側からピットが割り当てられるため、来シーズンを見据える意味でも、チームタイトルは是非獲得したいと語った。

「今年のチームランキングで来年のピット順が決まるので、ここ最近をみると赤旗からの再開時とかセッション終了間際の時は、いつも1コーナー側にいるセルモインギングが有利な思いをしていました。今年は平川選手も頑張ってくれているので、なんとかチャンピオンを獲得して来年は1コーナー側のピットに行きたいです」

「とにかくチャンピオン争いのことは考えても仕方がないので、いつも通りベストを尽くすだけです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します