現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラSF19、『ハロ』の採用を正式決定。視認性の確認を完了

ここから本文です
スポーツ 2018.10.26

スーパーフォーミュラSF19、『ハロ』の採用を正式決定。視認性の確認を完了

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は10月26日、2019年からスーパーフォーミュラに導入される新シャシー『SF19』について、ドライバー頭部保護デバイス『ハロ』を採用することを正式決定したと発表した。

 今季からF1やF2でも採用されているハロは、アクシデント等の際にドライバーの頭部を保護する狙いがある。コクピット上面にチタン合金製のデバイスが設けられており、今季もいくつかのアクシデントでその効果が実証されている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 2019年からスーパーフォーミュラに導入されるSF19はダラーラ製の新シャシーで、シェイクダウン時はハロが無い状態でテストされていたものの、その後富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎ、スポーツランドSUGOでのテストの際にハロを装着していた。

 ハロについては、ドライバーが万が一の際に迅速にコクピットから脱出できるか、またコースサイドのフラッグを確認できるか等の視界の確保が懸念材料とされており、スーパーフォーミュラが開催されるサーキットで適したデバイスなのかの確認、そして脱出テストがこれまでのテストで行われてきたという。

 その結果、テストでドライブした10人のドライバーが視認性を確認。JRPではハロ導入を決定したという。

 10月27~28日に開催されるスーパーフォーミュラ第7戦では、インディ500優勝者の佐藤琢磨、ル・マン24時間優勝者の中嶋一貴という豪華なふたりによってデモランが予定されているが、このデモランでもハロ装着のまま走行する予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します