現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソF1、実戦投入を見送った新空力パッケージをメキシコでテスト。ハートレー車のみに搭載

ここから本文です
スポーツ 2018.10.26

トロロッソF1、実戦投入を見送った新空力パッケージをメキシコでテスト。ハートレー車のみに搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末のF1第19戦メキシコGPで、ホンダのパートナー、トロロッソは、アメリカGPで試した新しい空力パッケージを再度導入、ブレンドン・ハートレーのマシンでテストをする予定であることが分かった。

 トロロッソはアメリカGPに、新しいフロントウイングやフロアを含む空力アップグレードを導入し、プラクティスを利用してピエール・ガスリーのマシンでテストした。しかし金曜は一日ウエットコンディションとなり、十分な評価ができなかったため、チームは予選と決勝にはアップグレードを使用しないことを決めた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 トロロッソはメキシコGPの週末にはこのパッケージをハートレー車で試す予定であることが明らかになった。

 メキシコGP木曜記者会見に出席したガスリーは、オースティンで予選前までに試した空力アップグレードをメキシコで使用する予定かと聞かれ、次のように答えた。

「オースティンでは天候に恵まれなかったために、新しいパッケージを本格的に試せたのはFP3になってからだった。つまり走行不足なので、このパッケージの活用の仕方を探り、ポテンシャルを最大限に引き出すには、もっと距離を走る必要があった。だから予選前に従来仕様に戻したんだ」

「今週末、また使う予定だよ。ひとつしかないから、今回はブレンドンがそのパッケージで走る。今週末は活用の仕方についてもっと学べればいいね」

 ハートレーによると、金曜に新パッケージを試してから、予選、決勝で引き続き搭載するかどうか判断することになるという。

「ピエールは(ドライコンディションの)FP3でそのエアロパッケージで走った時、マシンバランスに満足していなかった。それもあって、チームは元に戻すことを決めたんだ」とハートレーが語ったとPlanetF1が伝えた。

「ここでどういうパフォーマンスを見せるのか興味深い。しっかりパフォーマンスを引き出せるかどうか、確認するのが楽しみだよ」

「その後どうするかについてはまだプランが定まっていないと思う。明日(金曜)の状況を見て決めることになるだろう」

 アメリカで導入されたアップデートには、フロントウイングのエンドプレートの形状を見直し、サイドポッドそばのパネルを2枚から3枚に増やすなどの変更が含まれていた。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します