現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 女性ライダーが2019年開催のMotoEに参戦。アンヘル・ニエト・チームがマリア・エレーラを起用

ここから本文です
スポーツ 2018.10.24

女性ライダーが2019年開催のMotoEに参戦。アンヘル・ニエト・チームがマリア・エレーラを起用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月24日、2019年からスタートする電動バイクレース『FIM Enel MotoE World Cup(MotoE)』に参戦するアンヘル・ニエト・チームが、女性ライダーのマリア・エレーラを起用するとチームのSNSで発表した。

 2019年から始まるMotoEは電動バイクによるチャンピオンシップだ。全5戦の開催が予定されており、マシンはイタリアの電動バイクメーカー、Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)の『Energica Ego Carsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』のワンメイク。タイヤサプライヤーはミシュランが務める。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 アンヘル・ニエト・チームは、MotoEに2台体制での参戦が予定されており、9月に2011年の125ccチャンピオン、ニコラス・テロルの起用を発表。ふたり目のライダーが誰になるか注目されていた。

 テロルのチームメイトに起用されたエレーラは、22歳のスペイン人ライダーで、2013年にMotoGPのMoto3クラスにデビューした。2015年からはMoto3クラスにフル参戦を開始。2017年シーズンはアンヘル・ニエト・チームの前身となるアスパーチームで戦った。2018年シーズンはスーパースポーツ300世界選手権(WSS300)に初参戦し、ランキング13位でシーズンを終えている。

 MotoEに参戦することが決まったエレーラは次のようにコメントしている。

「MotoEに参戦するアンヘル・ニエト・チームと契約できて本当にうれしいです。私たちは良いチームを作れると思っています。私にとって初めてのバイクだから、11月に行われる最初のテストが楽しみです」とエレーラ。

「(カテゴリーが)MotoEに移ることが新たなチャレンジになることは確かだけど、同じ方法でトレーニングを続けます。マシンについてはいろいろ話を聞いたことがあります。私が乗ってきたマシンとはまったく異なるものだと思うけど、乗り方を調整するだけのことです」

「昨年所属していたチームだから、メカニックたちを知っています。チームがバレンシア出身ということも好きです。この場所では特別な絆を持っているし、家族のような雰囲気もあります」

「多くのひとが私の走りを見てくれるから、世界選手権のパドックに戻ることに興奮しています。なぜなら、私が今シーズン、ベストなレースができることを示しているからです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zzr*****|2018/10/25 09:14

    違反報告

    股間に邪魔なキン〇マが無い分 重心移動しやすいというメリットはあるが、
    尿道が短く膀胱が股間に近いという構造上、走行中のGや振動・圧迫の影響
    を受けやすく、デリケートな臓器の子宮を含め、内臓系に大きな負担がかかり
    、様々な疾患を誘発する恐れがある。
    最悪は 膀胱癌や子宮癌を発症する可能性は高い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します