現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオーストラリアGPプレビュー:もてぎと真逆の超高速サーキット。ロッシはランキング2番手を奪えるか

ここから本文です
スポーツ 2018.10.24

MotoGPオーストラリアGPプレビュー:もてぎと真逆の超高速サーキット。ロッシはランキング2番手を奪えるか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末、オーストラリアのフィリップアイランドサーキットでMotoGP第17戦オーストラリアGPが開催される。

 フィリップアイランドは、メルボルンの南東約200kmに位置するフィリップ島にあり、目の前には海が広がるサーキット。1周4.448kmのコースは、約900mのメインストレートと右コーナー5、左コーナー7の中高速レイアウトのテクニカルコースで、MotoGPクラスでは1周のアベレージスピードが約180km/hとグランプリ開催コース中、最速のコースだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 2015年にはアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が348.0km/hのトップスピードを記録している。前戦、第16戦日本GPのストップ&ゴータイプとは対照的な高速サーキットのため、ブレーキへの負担は18戦中最も少ないが、コーナリングスピードが高く、タイヤへの負担は大きい。

 また、フィリップアイランドは、雲の動きと天候の変化が早いことでも知られており、海に面していることから、風が強いことが多く、ライダーにとっては厳しいコンディションのコースでもある。

 オーストラリアは南半球に位置するため、現在の季節は春。例年、この時期のレースは気温が低く、雨が降ることも多い。また、海に面していることもあり、コース上に飛来した海鳥が走行中のライダーに衝突した例もある。

 2017年のMotoGPクラスでは、マルク・マルケス(ホンダ)がポール・トゥ・ウイン、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が2位、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が3位に入賞した。

 Moto2クラスではミゲール・オリベイラ(KTM)が優勝、ブラッド・ビンダー(KTM)が2位に続き、KTMがワン・ツーフィニッシュ。3位にフランコ・モルビデリ(カレックス)が入賞。Moto3クラスではジョアン・ミル(ホンダ)が優勝、2位にリビオ・ロイ(ホンダ)、3位にホルヘ・マルティン(ホンダ)が続き、ホンダが表彰台を独占した。

■ドヴィツィオーゾとロッシのランキング2番手争いが接近
 2018年シーズンのMotoGPクラスでは、日本GPでマルク・マルケス(ホンダ)がチャンピオンを獲得。今シーズンのチャンピオン争いは終了した。

 日本GPで転倒リタイアに終わったランキング2位のドヴィツィオーゾは、ノーポイントに終わったことにより、ランキング3位のロッシとのポイント差は9ポイントに縮まった。オーストラリアGPも含めて残り3戦、ランキング2位以下の争いにも注目が集まる。

 昨年のレースではマルケス、ロッシらがトップ争いを展開。最後はマルケスがペースアップして抜け出し優勝、ロッシはビニャーレス、ヨハン・ザルコ(ヤマハ)と、ヤマハ勢同士で最終ラップまで接戦を繰り広げ、僅差でロッシが2位、ビニャーレスが3位となった。ドヴィツィオーゾは決勝序盤にラインを外して後退したこともあり13位に終わった。

 第15戦タイGPで久しぶりに表彰台に立ち、復調の兆しが見えたマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)だったが、日本GPではその再現はならなかった。ビニャーレスはランキング4位に続くが、ロッシとの差は30ポイントに拡大している。

 インディペンデントチームトップのランキング5位につけるカル・クラッチロー(ホンダ)は日本GPで2位に入賞し、ビニャーレスとのポイント差を7ポイントに縮めた。

 クラッチローはフィリップアイランドを得意としており、2012年のテック3・ヤマハ時代に3位入賞、2016年には優勝している。また、インディペンデントチームのランキング争いは接戦となっており、ザルコがランキング6位、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)がランキング7位につけるが、クラッチローとザルコのポイント差は15ポイントに拡大、ザルコとペトルッチは同ポイントに並んだ。

 日本GPを欠場したホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)はランキング8位に後退。ロレンソはオーストラリアGPも欠場することになり、代役としてランキング12位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)がロレンソのマシンを駆ることになった。

 日本GPで3位表彰台に立ったアレックス・リンス(スズキ)はランキング9位に浮上。アンドレア・イアンノーネ(スズキ)は、日本GPでは好走を見せながら転倒リタイアに終わったため、ランキング10位に後退した。

 ダニ・ペドロサ(ホンダ)はランキング11位。ラストレースまでオーストラリアGPを含めて3レース。フィリップアイランドはあまり得意でないペドロサだが、表彰台をめざす。

 中上貴晶(ホンダ)は、日本GPでは12番グリッドからスタートしながら、スタート直後の接戦の中でポジションを落とし、追い上げのレースを強いられながら15位入賞、ランキング20位をキープしている。

 中上は昨年のMoto2クラスではレース終盤まで2番手を走りながら、転倒リタイアに終わった。MotoGPマシンで初レースとなるフィリップアイランドでどんな走りを見せるかに注目だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します