現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シート喪失の危機にあるハートレー「最近はガスリーに勝っている」。トロロッソ・ホンダへの残留条件をクリアと主張

ここから本文です
スポーツ 2018.10.24

シート喪失の危機にあるハートレー「最近はガスリーに勝っている」。トロロッソ・ホンダへの残留条件をクリアと主張

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダF1のブレンドン・ハートレーは、最近のパフォーマンスに自信を示し、2019年にチームに残留する権利があると示唆した。

 第18戦アメリカGPでハートレーは11位でフィニッシュ、エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが技術規定違反により失格になったため、9位に繰り上がり、入賞を果たした。チームメイトのピエール・ガスリーは14位でフィニッシュ、12位という結果だった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 ふたりはともに2017年終盤にトロロッソからF1にデビュー、2018年が初のF1フル参戦シーズンとなっている。全体的にガスリーの方が優れたパフォーマンスを発揮し、好結果を出す傾向にあり、ガスリーは2019年にレッドブル・レーシングへ昇格することが決まっている。一方、ハートレーは来季の去就が確定していない。トロロッソのドライバー選択権を持つレッドブルは、すでにダニール・クビアトと契約、現在、F2ドライバーのアレクサンダー・アルボンと交渉を行っている。

 しかしフランツ・トスト代表は、ハートレーがいい仕事をし続けるなら、降ろす理由はないと述べている。レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、ハートレーが残留するためにはガスリーに勝つ必要があると発言した。

 アメリカGP決勝後、ハートレーはマルコの発言を受ける形で、自分は最近しばしばガスリーを上回るパフォーマンスを見せていると主張した。

「最近のレースには満足している。ただ、毎週、将来のことについて(メディアから)聞かれ、それに答えなければならないことへの苛立ちが募ってきている」

「チームメイトに勝たなければならないという話は報道で読んだ。でも、シンガポールではチームオーダーを受けるまでは僕が(ガスリーより)前にいた。ロシアでもクルマが壊れるまでは僕が前だった。鈴鹿での予選も僕が上だし、アメリカGP決勝でもそうだ。今後どうなるのか、様子を見ていくよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します