現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 1周目の事故に激怒のアロンソ、「ついてなかっただけ」と冷静さを取り戻す:F1アメリカGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

1周目の事故に激怒のアロンソ、「ついてなかっただけ」と冷静さを取り戻す:F1アメリカGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGP決勝で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは1周目にランス・ストロールにヒットされ、マシンに大きなダメージを負ってリタイアした。スチュワードは、ストロールはコースをいったん離れ、ターン4で復帰する際にアロンソにヒット、アロンソはリタイアしなければならなくなり、このインシデントは完全にストロールに非があると判断、ドライブスルーペナルティとペナルティポイント2を科した。

■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝リタイア
 今日のレースはほんの数百メートルで終わってしまった。ターン4でたくさんの動きがあって驚いた。普通はあそこのハイスピードセクションに入っていくところでオーバーテイクはしないからだ。3台がポジション争いをして、僕のそばにいたふたりはとても楽観的な動きをし、自分の位置や動きについて判断を誤った。その結果、何台かがウォールに突っ込み、レースを終えなければならなくなった。そのうちの1台が僕だ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 いつだってこうなる。同じことの繰り返しだ。スタートで誰かれ構わずぶつかりに行くドライバーが必ずいる。レンタカーに乗っているみたいにね。故意にやっている者はいないけど。今日もまた、僕のマシンでボウリングをした人間がいた。スパと同じだよ。

 本当にがっかりだ。このレースのために早めにここに来て、準備をしていたというのに、コーナーをいくつか走ったところで終わってしまうなんて。

(その後、自身のSNSに投稿し)スタートして600メートルで、ヒットされて終わるなんて、残念なレースだった。でも改めてビデオを見てみると、ターン4にあまりにたくさんのマシンが同時に入って行ったから、皆、どうすることもできなかったのだと思う。それだけだ。今日はついてなかったということだよ。
 次のメキシコではいい結果を出せるよう、集中し、準備を整えよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します