現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン3位「僕らは自分で自分を追い込んだ。強さがなく戦略も決まらず」:F1アメリカGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

ハミルトン3位「僕らは自分で自分を追い込んだ。強さがなく戦略も決まらず」:F1アメリカGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは3位だった。ドライバーズ選手権2番手のセバスチャン・ベッテルがアメリカGPで4位に入ったため、ハミルトンは今回自身5度目のタイトル獲得を決めることができなかった。

 ポールシッターのハミルトンはスタートでキミ・ライコネンに抜かれた後、バーチャル・セーフティカー時にタイヤ交換を行い、挽回を図ったが、ソフトタイヤが持たず、2回目のピットストップが必要になった。タイヤ交換を行うタイミングが遅かったこともあり、ハミルトンは1回ストップのライコネンとマックス・フェルスタッペンに敗れる結果になった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=3位
(チームは)優勝を目指していたが、物事が予定どおりには進まなかった。予選Q2の時点から、その流れが始まっていた。(スーパーソフトは)スタートタイヤとして正しくはなかったと思う。

 タイヤの違いによるスタートでのパフォーマンス差がとても大きいことは分かっていた。実際、(ウルトラソフトスタートの)ライコネンに抜かれ、彼についていくこともできなかった。彼の方がいいタイヤで、前が空いた状態で走ることができたからだ。

 今回のことから学ばなければならないのは間違いない。パフォーマンス的にも、あまりいい週末ではなかった。それでも、今年は最高の週末も何度かあったし、今回も3位に入ることができたから、感謝している。ただ、ポールポジションからスタートして3位フィニッシュでは、うまくいったとはいえない。

 僕らの戦略がなぜこういう結果になったのか、分からない。ちょっと驚いている。でも常に正しくやるというのは難しい。11周目にピットストップをした時点で、2回目が必要になることは分かっていた。僕らは自分で自分自身を追い込んでしまったんだ。

 今日は勝つつもりだったけど、それができなかった。次のメキシコでは今まで必ずしもいい結果を出してきたわけではないが、今年は勝ちたいと思っているよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します