現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポイント圏フィニッシュのオコンとマグヌッセンが失格に。トロロッソ・ホンダのハートレーが9位に繰り上がり入賞

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

ポイント圏フィニッシュのオコンとマグヌッセンが失格に。トロロッソ・ホンダのハートレーが9位に繰り上がり入賞

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1アメリカGP決勝終了後、入賞圏内でフィニッシュした2台が技術規定違反により失格となった。

 レース後、フォース・インディアのエステバン・オコンは、オープニングラップ中、燃料流量が規定を超えた疑いで審議されていたが、数時間後、決勝リザルトからの除外という裁定が下った。オコンは8位でフィニッシュしていた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 スチュワードはテレメトリーを調べ、ドライバーとチーム代表者の話を聞いた上で、決勝ラップ1での燃料流量が規定の100 kg/hrを超えたと判断、失格の処分を決めた。

 さらに、9位フィニッシュのハースのケビン・マグヌッセンについては、決勝中に使用することが許されている燃料量105kgを超えて消費したとして調査が行われた結果、こちらも失格の裁定が下った。

 2台の失格により、11位でフィニッシュしたトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが9位に、12位でフィニッシュしたザウバーのマーカス・エリクソンが10位に繰り上がることになる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します