現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アメリカGP決勝詳報:キミ・ライコネン、跳ね馬復帰後初勝利。ハミルトン王者決定ならず

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

F1アメリカGP決勝詳報:キミ・ライコネン、跳ね馬復帰後初勝利。ハミルトン王者決定ならず

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1アメリカGPの決勝レースが行われ、フェラーリのキミ・ライコネンが優勝を果たした。

 晴天に恵まれたサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。気温21度、路面温度29度というコンディションでレースがスタートした。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 最高の蹴り出しを見せたのはキミ・ライコネン(フェラーリ)。ウルトラソフトタイヤを履いている利点を活かし、ホールショットを奪った。ルイス・ハミルトン(メルセデス)は必死の牽制をしたものの、これを抑えることができなかった。

 後方ではフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がランス・ストロール(ウイリアムズ)と接触。アロンソはピットに戻り、そのままレースを諦めた。この一件について、ストロールにドライブスルーペナルティが科せられている。また、ブレーキングでロックしてしまったロマン・グロージャン(ハース)が、シャルル・ルクレール(ザウバー)に追突。ルクレールはスピンすることになり、グロージャンもピットに戻ってレースを諦めた。

 その直後には信じられないシーンが起きた。グリッド降格ペナルティを受けて5番手からスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、早々にダニエル・リカルド(レッドブル)を抜きにかかる。しかし、両者接触。リカルドはそのまま走り続けたものの、ベッテルはスピンし、大きくポジションを落としてしまう。前戦日本GPのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)との一件を思い出させるような、そんな出来事だった。

 先頭に立ったライコネンは好ペースで飛ばし、ハミルトンとの差を順調に広げていく。一瞬その差が縮まったこともあったが、好調に走行を続けていく。

 9周目、4番手を走っていたリカルドが突如スローダウン。コース脇にマシンを止めた。突如マシンの電源が落ちたような、そんな状況だった。

 このマシンを排除するために、バーチャル・セーフティカーが出動。この間に動いたのは、ハミルトンだった。ハミルトンは11周終了時点でピットイン。ソフトタイヤに交換した。彼がコースに復帰したところで、バーチャル・セーフティカーが解除される。

 コースに復帰したハミルトンはハイペースで飛ばし、すぐにボッタスを抜いて2番手に浮上。ライコネンとの差を削り取っていく。そして18周目の段階では、ライコネンの真後ろまで接近することとなった。

 ハミルトンにプレッシャーをかけられたライコネンは、21周を走りきったところでたまらずピットイン。ソフトタイヤに履き替える。フェルスタッペンは翌周ピットインし、スーパーソフトタイヤ履いた。そのさらに翌周にはボッタスもピットイン。こちらはスーパーソフト→ソフトへと交換した。

 コースに戻ったライコネンは、ファステストラップを連発。ハミルトンとの差を縮めていく。その間にベッテルがライコネンに道を譲るシーンもあった。

 26周を走りきったところでベッテルがようやくピットイン。ソフトタイヤを履いて5番手でコースに復帰する。

 先頭を逃げるハミルトン。しかしレースが折り返しを迎える頃から、リヤタイヤのブリスターに悩まされることになる。そして、ペースが一気にガクリと落ちる。

 ライコネンは急速にハミルトンとの差を縮めていく。またベッテルもハイペースで飛ばして前との差を縮める。

 ハミルトンのタイヤの状態は酷くなるばかり。そして37周を走り終えた段階でたまらずピットイン。2セット目のソフトタイヤを履いた。これによりハミルトンは、4番手までポジションを落とすことになった。

 ただコースに復帰したハミルトンは猛スピードで前を追う。

 残り10周となったところで、ライコネン、フェルスタッペン、ハミルトンのトップ3台が、等間隔で並ぶ状況となった。当初は猛ペースで追い上げていたハミルトンも、ここへ来て若干そのペースが衰え始めた。

 残り3周というところで、ハミルトンがフェルスタッペンに仕掛ける。しかしフェルスタッペンは必死の防戦で、これを防ぐ。一方、ベッテルはボッタスを攻略し、4番手に浮上する。

 そして歓喜の瞬間が訪れた。ライコネンがフェルスタッペン以下の追撃を封じ、見事トップチェッカー。2013年のオーストラリアGP以来、そしてフェラーリ復帰後初の勝利を、このアメリカGPで成し遂げた。

 フェルスタッペンが2位、ハミルトンが3位、ベッテルが4位となったため、ハミルトンのドライバーズタイトルが今回決まることはなかった。

 トップ3チーム以下最上位の6位は、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。7位にもチームメイトのカルロス・サインツJr.が入り、ルノーが大量得点を獲得した。フォースインディア勢もダブル入賞を果たした。

 トロロッソ・ホンダ勢はレースペースが振るわず、ブレンドン・ハートレー11位、ピエール・ガスリーが14位でのフィニッシュとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します