現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クアッタハッホ、タイヤ内圧違反で失格。バニャイヤ繰り上がり優勝|Moto2日本ラウンド

ここから本文です
スポーツ 2018.10.21

クアッタハッホ、タイヤ内圧違反で失格。バニャイヤ繰り上がり優勝|Moto2日本ラウンド

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP日本GPのMoto2クラス決勝でトップチェッカーを受けたファビオ・クアッタハッホ(MB Conveyors - Speed Up)だが、レース後にタイヤの内圧がレギュレーションで規定されているよりも低かったことが発覚。レース結果から除外されることになった。

 この結果、2番手でフィニッシュしていたフランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)が繰り上がりで優勝。2位にはロレンソ・バルダッサーリ(Pons HP40)、3位にはミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)が入ることとなった。長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は12位に繰り上がった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「そのリヤタイヤの内圧は、公式サプライヤーからアドバイスされたパラメータよりも低いことが分かった。これはFIA世界選手権グランプリレギュレーションの第2.5.4.9.1に違反している」

 スチュワードのレポートではそう報告されていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Gruz)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します