現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 アメリカGP】ルイス・ハミルトンが今季9度目のポールポジション

ここから本文です
スポーツ 2018.10.21

【F1 アメリカGP】ルイス・ハミルトンが今季9度目のポールポジション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1アメリカGPの公式予選が20日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季9度目のポールポジションを獲得した。

前日のフリー走行は雨に見舞われたが、予選日はドライコンディション。逆転チャンピオンを狙うセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が午前中に行われたフリー走行3回目でトップタイムを奪い、予選は混戦となることが予想された。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

Q1ではランキングトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを奪うも、Q2ではフェラーリのキミ・ライコネンとベッテルが1-2。Q3では、終了直前のアタックでライコネンが1分32秒307のトップタイム。その直後にハミルトンが1分32秒237で逆転。最後にベッテルが渾身のアタックを披露するもハミルトンに100分の6秒及ばず1分32秒298で2番手。ハミルトンが今季9度目のポールポジションを獲得した。

ライコネンは3番手。4番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)、5番手はダニエル・リカルド(レッドブル)。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はQ1終了間際にトラブルが発生し、その修理が間に合わずQ2を走行できず15番手。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーはQ1を突破したが、パワーユニット交換のペナルティでほぼ最後尾からのスタートが決まっているためQ2は走行せず、13-14番手で予選を終えた。

なお、ベッテルは金曜日のフリー走行1回目の赤旗時に減速しなかったとして3グリッド降格ペナルティを受けており、5番グリッドからのスタートとなる。

■F1アメリカGP 予選結果

1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分32秒237

2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分32秒298

3. キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分32秒307

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分32秒616

5. ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分33秒494

6. エステバン・オコン(フォースインディア)/1分34秒145

7. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分34秒215

8. ロマン・グロージャン(ハース)/1分34秒250

9. シャルル・ルクレール(ザウバー)/1分34秒420

10. セルジオ・ペレス(フォースインディア)/1分34秒594

以下Q2

11. カルロス・サインツ(ルノー)/1分34秒566

12. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分34秒732

13. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/No Time

14. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)/No Time

15. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/No Time

以下Q1

16. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)/1分35秒294

17. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)/1分35秒362

18. ランス・ストロール(ウィリアムズ)/1分35秒480

19. マーカス・エリクソン(ザウバー)/1分35秒536

20. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)/1分35秒735

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します