現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダF1のハートレー、パワーユニット4エレメントとギヤボックス交換で最後尾スタートへ

ここから本文です
スポーツ 2018.10.21

トロロッソ・ホンダF1のハートレー、パワーユニット4エレメントとギヤボックス交換で最後尾スタートへ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1アメリカGPで、トロロッソ・ホンダF1が予定どおりブレンドン・ハートレーのパワーユニット(PU)のエレメント交換を行い、その詳細が発表された。

 ホンダは、日本GPで初めて本格的に投入した新型パワーユニットにさらに改善を加えたものをアメリカGPに持ち込み、ピエール・ガスリーとハートレーの2台に投入することを決めた。ガスリー車には金曜から新エレメントが搭載されたが、ハートレーに関しては土曜からの使用になると予告されていた。FIAが土曜に行った発表によると、ハートレーは8基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-H、7基目のMGU-Kを新たに使用するということで、シーズン中に許されている基数制限を超えたことによるペナルティで、グリッド後方からのスタートとなる。

    【順位結果】F1第18戦アメリカGP予選

 なお、ハートレー車についてはギヤボックスも交換され、6戦連続使用の規則に違反したため、5グリッド降格のペナルティも受ける。

 予選でガスリーは13番手、ハートレーは14番手を獲得したが、ふたりともペナルティにより決勝は最後方からスタートする見込みだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します