現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 中上、MotoGP日本GPでQ1突破果たすもブレーキに問題発生。Q2では「緊急ピットイン」余儀なくされる

ここから本文です
スポーツ 2018.10.20

中上、MotoGP日本GPでQ1突破果たすもブレーキに問題発生。Q2では「緊急ピットイン」余儀なくされる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGPライダーとして初めて迎えた日本GP予選で、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)がQ2進出。目標を果たしたものの、Q2ではブレーキに問題を抱えていた。

 微妙な天候とコースコンディションのため、MotoGPクラスのライダーのほとんどがフリー走行2回目では満足に走ることができなかった初日。中上はMotoGPマシンで走るツインリンクもてぎにフィーリングの違いを感じていた。後半セクターではトップと差がある。初日総合12番手につけたものの、「今日のリザルトは参考にしづらいです」と語っていた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 予選日である2日目は好天に恵まれ、終日ドライコンディションでセッションが行われた。中上は予選Q2へのダイレクト進出がかかるフリー走行3回目で16番手。Q2進出を逃したものの、Q1セッションでは2番手につけ、Q2に挑む12名に加わった。

「マシンはフリー走行3回目、4回目でうまくアジャストして、だいぶよくなってきました。セクター3、4に関してもブレーキの安定性がよくなって、ずいぶん乗りやすくなっています」

 改善した一番のポイントはブレーキの安定性だった。チームメイトのカル・クラッチローやホンダのファクトリーチーム、マルク・マルケスのデータを参照したところ、ブレーキングがふたりに比べて遅かったのだ。中上は、そこに重点を置いて改善を進めた。

「だいぶ予選で改善できました。Q2に進出できたのは大きいですね」

 ただ、Q2では別の問題が発生した。中上のQ1タイムは1分45秒656。対してQ2は1分46秒168と、Q1よりもタイムを落としている。そのQ2で、中上はセッションスタート後、やや遅れてコースインしていた。

「Q2に出るとき、フロントブレーキに変な感触があったんです。アウトラップに出たときもブレーキが変な感じで、緊急ピットインしました。そのあと最後に1周走りましたが、やっぱり調子がよくなかったんです。それはフリー走行4回目まで使っていたディスクだったのですが……。たまにこういうことがあるんですよ。明日は違うものを使います」

 若干のトラブルはあったものの、最低限の目標、Q1突破はクリアし12番グリッドを獲得した。決勝レースに向け、いい流れがつかめているようだ。

「問題は明確になっていますし、今日はQ2進出を素直に喜びたいですね。グリッドも悪くはないので、明日のレースではうまくスタートを決めて、全力で最後まで戦い抜くだけです。集中して戦っていきたいと思います」

 唯一の日本人MotoGPフル参戦ライダーとして注目を集める中上。明日、最高峰クラスに参戦して迎える初の母国グランプリの決勝レースに挑む。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します