現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1の進歩を認めるサインツJr.「でもレースペースでは負けていない」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.20

ホンダF1の進歩を認めるサインツJr.「でもレースペースでは負けていない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1のカルロス・サインツJr.は、ホンダのパワーユニットは、特に予選ペースでステップアップを果たしたと考えている。


 ホンダはアップグレード版のパワーユニットをロシアGPに投入。これを活かし、日本GPの予選では2台揃ってQ3進出を果たした。これについてルノーのサインツJr.は、予選でのホンダの進歩を認めつつも、レースペースではまだ十分に戦えると考えている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「予選では、それを言うのは難しい。でもレースではそうじゃない。レースペースでは、ホンダの後ろにいるとは思っていない」


 サインツJr.はそう語った。

「僕はホンダの2台を、鈴鹿でのレース中にオーバーテイクした。彼らよりも良いレースペースを活かしてね。僕らにとっては、それは良い後押しになった」

「でも予選では彼らが、僕らが心配し始めてしまうような前進を果たしたと思う。彼らは、僕らが持っていないような進歩を予選で果たし、それが(日本GPでの)Q3進出に繋がったのだと思う」

 とはいえサインツJr.は、ライバルたちにエンジンの面で後れを取っていると感じているようだ。

「僕らはエンジンの面で最大の打撃を受けたと思う。カナダでスペックBを投入した時、中団グループを確かにリードしていると感じていた。でもそれは当時のモノだった」

「ホッケンハイムまでは、僕らが持っているモノに十分満足していた。当時の僕らは、今年の終わりまでには、Q3に進出し、ポイントを獲得できるチームになれると思っていたんだ」

「しかし、フェラーリがオーストリアに持ち込んだアップグレードにより、彼らが大きく前進したことを、特にスパやモンツァのような場所で感じ始めるようになった。その結果、鈴鹿のようなポジションになった」

「エンジン面での遅れを補うためには、もっとエアロ面で多くのアップグレードを果たさねばならなかった。でも結局は、主にエンジンの面で遅れているんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します