現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ゲラエルがFP1でトロロッソ・ホンダをドライブ「難しいコンディションのなか、タイヤで苦労した」:F1アメリカGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.20

ゲラエルがFP1でトロロッソ・ホンダをドライブ「難しいコンディションのなか、タイヤで苦労した」:F1アメリカGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGPの金曜FP1で、ショーン・ゲラエルがレッドブル・トロロッソ・ホンダのマシンを走らせた。ブレンドン・ハートレーのマシンに乗ったゲラエルは、ウエットコンディションのなか、21周を走行、タイムは20番手だった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ショーン・ゲラエル フリー走行1=20番手/2=-
 僕がフリープラクティスに参加する時は必ず雨なんだ。今日もそうだった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 序盤はウエットタイヤ向きのコンディションで、徐々に路面が乾いていき、終盤はインターミディエイトが適したコンディションになっていったので、対処するのが簡単ではなかった。

 マシンに慣れるために早めにコースに出て行った。でも周回を重ねるうちに自信は増していったが、フロントタイヤにグレイニングができて、それによってタイムをロスした。それ以外は問題なかったよ。まだ改善する余地はある。たくさんデータを集めたから、それが僕にとってもチームにとっても役に立つだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します