現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トレーラーヘッドで争われるETRC、小型トラック使用の新シリーズ“LT4カップ”を2020年創設へ

ここから本文です
スポーツ 2018.10.19

トレーラーヘッドで争われるETRC、小型トラック使用の新シリーズ“LT4カップ”を2020年創設へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップを主催するETRA(ヨーロピアン・トラック・レーシング・アソシエーション)とFIAは、トレーラーヘッドを用いた従来のシリーズとは異なり、新たに費用対効果を重視するコンセプトを採用した“LT4カップ”の創設を発表した。

 2016年に現在のFIA欧州選手権格式のシリーズに移行して以来、チャンピオンシップの成功と成長を続けているETRC。そのノウハウを活用し、ETRAとFIAは新たにLT4(Light Trucks for Drivers)の名称を掲げた新シリーズを、2020年に本格始動するとアナウンスした。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 このコンセプトの主軸はカスタマーチームや次世代の有力トラックドライバー候補が、容易に参戦可能な“アフォーダブル(手頃、安価)”なエントリー環境を構築することにあるという。

 最高峰FIA ETRCへの登竜門的な機能も期待されているこの新シリーズは、2020年に最初のフルシーズン開催を予定。その前年度となる2019年は、車両の開発とホモロゲーション作業、そしてシリーズや新型マシンのラウンチやプロモーションの期間に充てられる。

 そのLT4に参戦する新規車両は、外観もレース仕様に専用設計された空力部品を採用。これらもその多くを共通指定部品としてホモロゲーション指定し、その外観も、サウンドも、上位クラスのETRCとそん色のないものを目指しているという。

 これらのトラックはコスト効率を優先した設計と車体公認がなされ、各マニュファクチャラーや指定チューナーのみが供給を行う。またETRCのトレーラーヘッドに比較してコンパクトな車体サイズとすることで、より効率的なシリーズ参戦コスト実現を狙っている。

 バランスの取れたグリッドの性能差を確保するため、ブランドごとのトラックは車型が指定され、各マシンはBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)によって性能調整が実施される。

 その性能基準となる車両規定は、最大積載3.5トンで年間400台以上の販売実績を有すること。さらホイールベースは3400~3700mmの範囲でラダーフレームのキャビンシャシーを持ち、後輪駆動であること。6気筒までのディーゼルで3000cc以下の排気量であることなどが掲げられている。

 現段階でのスポーティングレギュレーションの初期コンセプトは、1台のトラックにつき2名のドライバーがエントリー。これも参戦コスト低減に有効な施策のひとつに数えられる。

 そのため、レース中にはドライバー交代とタイヤ交換のためのピットストップが義務付けられ、これによりチームメンバー、メカニックのスキルもレース結果に大きな影響を与えることになる。この要素により次世代を担うルーキードライバーは、より良いリザルトを得るためにチームビルディングのスキルを養うことも求められる。
 さらに本格シーズン開始2年目となる2021年以降は改訂版の技術規定を発行し、次世代型の代替パワートレーン(天然ガス、水素、EV)の導入も計画されている。

 こうしたコンセプトの背景には、新規参入者と将来性ある技術がベースレベルで確実にそろえられ、同時にマニュファクチャラーにとっては市場での新型モデルをすぐに投入できる、との考えがあり、ファンに対しても常に新鮮なエンジニアリング・ソリューションを提示できるとのビジョンから設計がなされた。

「このLT4カップは、過去12カ月間にわたって詳細に検討作業を続けてきたプロジェクトであり、魅力的で実用的な提案であると確信している」と語るのは、ETRAのディレクターであるゲオルグ・フックス。

「トラック・レーシングには登竜門となるサブシリーズが必要で、ヨーロッパのトラックレースの風景に革命をもたらし、ドライバーとメーカーの双方にインセンティブを与えるように設定された。効率的な規定や運用により、ビジネスとしても強固な基盤になるはずだ」  

 そのフックスとともにETRAのボードメンバーを務めるロルフ・ウェルナーも、この時期に新シリーズ創設のアナウンスを行ったことについて「その存在を知らしめることは、ヨーロッパ全体のトラック市場に対しても重要な意味があった」と付け加えた。

「ドイツ、スペイン、フランス、チェコ共和国のような確立された市場のほか、ETRCを主軸としたこのトラックレースを、さらに新しい地域に持っていきたいと考えている」とウェルナー。

「モータースポーツはつねに未来を見据える世界であり、我々としても新鮮なアイデアを世に問う時期に来ていた。進歩的かつ詳細な方法でこれを行うことで、メーカーは新しい市場を開拓し、将来のトラックレーサーは貴重な経験とレースクラフトを得ることができるだろう」

 このLT4カップの最終的なテクニカル&スポーティングの両レギュレーションと詳細については、今後数カ月の間に発表される予定となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します