現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ショートカット、妨害など何でもあり。MotoGP日本GP恒例のプレイベント開催

ここから本文です
スポーツ 2018.10.18

ショートカット、妨害など何でもあり。MotoGP日本GP恒例のプレイベント開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月19日からツインリンクもてぎで開幕する第16戦MotoGP日本GPの前日となる18日、『MotoGPプレイベント In Moto Racer』が開催。MotoGPライダーたちと子供たちによるEVバイクレースが行われた。

 ツインリンクもてぎのバイクアトラクション『モトレーサー』のEVバイクでレースを行うプレイベントは2015年に初開催。2017年に復活し、今年で3度目の開催を迎えた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 イベントには、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、ジャック・ミラー(アルマ・プラマック・レーシング)、ハフィス・シャーリン(モンスター・ヤマハ・テック3)、トーマス・ルティ(エストレージャ・ガルシア・0.0・マーク・VDS)、アルバロ・バウティスタ(アンヘル・ニエト・チーム)、チャビエル・シメオン(レアーレ・アビンティア・レーシング)、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)、ブラッドリー・スミス(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が登場。EVバイクは各MotoGPライダーのカラーリングが施された。

 レースは、8人のMotoGPライダーと選抜された子供たち8人がコンビを組み、2回交代のリレー形式、計6周で競い合った。

 スタートはMotoGPライダーたちが担当。序盤は本番さながらの接戦が展開されたが、1周目を終えると肩を掴んで妨害したり、コースをショートカットする恒例の“おふざけ”が始まった。
 MotoGPライダーからマシンを受け取った子供たちも迫真のレースを繰り広げ、最後はMotoGPライダーたちへとバトンをつないだ。

 レースはバウティスタチームが優勝。レース後にはMotoGPライダーと子供たちの写真撮影が行われたりと、終始笑顔が絶えないプレイベントとなった。

 ちなみに、MotoGP日本GP開催期間中、モトレーサーではこのプレイベントで使用されたマシンに乗ることができるとのことだ。マシンにはMotoGPライダーたちのサインも入っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します