現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE公式テスト:ハロの点灯テストも実施の2日目はダ・コスタ首位。ニッサンは5番手に

ここから本文です
スポーツ 2018.10.18

フォーミュラE公式テスト:ハロの点灯テストも実施の2日目はダ・コスタ首位。ニッサンは5番手に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月16日から行われている2018/19年のABBフォーミュラE選手権の公式テストが17日もスペイン、バレンシア・サーキットで実施され、2日目はアントニオ・フェリック・ダ・コスタ(BMW i アンドレッティ・モータースポート)が全体ベストタイムを記録した。ニッサン・e.ダムスのセバスチャン・ブエミは前日に引き続き23号車と22号車をドライブし、5番手タイムをマークしている。

 2日目も好天に恵まれたバレンシアでの公式プレシーズンテスト。シーズン5に参戦する全11チームが集結するこの場は、各陣営の持ち込んだ新型パワートレインと次世代シャシー“Gen2”のパッケージングを見定める上で重要な機会といえる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 そんな公式テストで好調を維持するのがBMW i アンドレッティ・モータースポートだ。前日は午前と午後の両セッションでアレクサンダー・シムズがトップタイムをマークしたBMWは、この日も前日3番手となったダ・コスタが総合トップに立っている。そのタイムは1分16秒977というもので、22台中唯一、1分16秒台に入るものだった。

 これに続いたのはディフェンディングチャンピオンのジャン-エリック・ベルニュ(DSテチーター)で、タイムは1分17秒342。

 トップとは0.365秒の差が開く結果となったが、ベルニュはフォーミュラEの公式サイト、FormulaE.comに対して「僕はバレンシアのチャンピオンになろうとは思っていない。(ここでの順位は)僕にとって何のポイントにもならないよ」と冷静にコメント。

「大事なのはサウジアラビアに到着する前に、すべてのシステムが機能しているかを確認することだ」と語った。

■マッサが連日のトップ10入り。バンドーンはまたトラブル……

 そんなベルニュの後方にはジェローム・ダンブロシオ(マヒンドラ・レーシング)、アンドレ・ロッテラー(DSテチーター)がコンマ1秒以内に続き、前日8番手のブエミが1分17秒473というタイムで総合5番手に入っている。

 この他、6番手となったルーカス・ディ・グラッシ(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)以下、13番手のミッチ・エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング)までが1分17秒台を記録。2日続けてメカニカルトラブルに見舞われたストフェル・バンドーン(HWAレースラボ)以降は1分18秒、1分19秒台のタイムだ。

■全車が一斉にレースシミュレーションを実施。ハロの発光テストも

 テスト初日の16日は午前と午後に3時間ずつ計6時間の走行時間が設けられた今テストだが、2日目は午後のセッションをふたつに分け、一方では決勝レースを想定した環境下でクルマとシステムをチェックする機会に充てられた。

 レースと同様にマシンが隊列を組んだ状態での走行が続けられた同セッションでは、追い抜きを手助けする“アクティベーション・ゾーン”を通過時に利用できる225kWのハイパワーモードの動作の確認も行われという。また、同モードの使用時は、“ハロ”に仕込まれたLEDが発光することになるが、今回はその点灯チェックも同時に実施されている。

 16日から実施されている2018/19年フォーミュラE公式プレシーズンテストは、18日の休養日を挟み、19日に最終日を迎える。New

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します